エルハウスTOP > 松本で家づくりをするなら

松本で新築購入をご検討の方へ

松本
家づくりをするなら

〜「松本で家づくりをするなら」はじめに より〜

はじめまして。私は株式会社エルハウスの平秀信と申します。
家づくりに携わり約40年になります。

家づくりを取り巻く環境は、時代とともにどんどん変化してきました。20年以上前は「高くなければいい家はつくれない、安い家はそれなりの家」と信じられていました。しかし、決してそんなことはないのです。「安くていい家」は必ずできるということを、私は自身の会社をもって示してきました。

また、10年ほど前にはアメリカのサブプライムローン問題をきっかけに、世界的な不況が始まりました。年金の運用でさえもこの先はどうなるかわからない、各自が自分責任で自分の将来に必要なお金の心配をしなければならない。もう今までのように国に守ってもらえる時代ではなく、自分の身は自分で守っていくしかない。否が応でも多くの方がこれらの事に気付かされました。このため、住宅ローンや金融会社、住宅会社との付き合い方をお伝えし続けてきました。

そんな不況が、東京オリンピック後、さらにもう数10年は続いて行くであろうと予測される中、シングルマザーをはじめ、非正規雇用やマタハラ等々…、決して大きな問題としてすべての事柄を扱われることが少ないため表面化しにくいのですが、それでも日本のお母さんが今、とても大変な状況にあるのです。

そんなお母さんたちに、少しでもわかりやすく、小さなことでも不安や悩みを解消し、お役に立ててもらい、より一層幸せに暮らしていただけることを願って筆を執りました。

これから家を建てようと思っている皆さんに、私は「家族で幸せになりたいならば、家を建てるべき」という信念に基づき、「子供のために家を建てる」ことをお勧めしています。

それは、私の母もシングルマザーだったため、幼少期の実体験や母親からの数々の教えが礎となっていることに由来します。だからこそ、本当に安全で安心な家が必要なのはシングルマザーだと思っています。

「お母さんの負担を軽減する家」
「子どものためと言い訳しない、稼ぎ優先にならない賢い家」
「家族が安心して暮らせる家」

そんな家をご提供することで、少しでもお母さんたちのお役に立ちたいと常に考え、取り組んできました。

どのようにして、そんな家づくりを実現させるのかに加え、長野県、松本ならではの地域性を重視した家づくりがどのようなものなのかにも言及し、シングルマザーだけに限らず多くのお母さんのために、できるだけわかりやすくまとめさせていただきました。

母子家庭は慎ましく生活しないといけない――。

私が子供の頃にはそんな風潮がありました。しかし、時代の移り変わりとともにシングルマザーに対する理解も考え方も変容し、世の中にどんどん進出し、仕事を持ち、毎日明るく元気なお母さんもたくさんいらっしゃいます。

それでもすべてのお母さんがそうではないのも事実です。

そんなお母さんたちに対する、あるいはご自身がそう思い込んでいることは完全に間違いです。本書を通じて、私がその概念を覆してみせます。

準備はよろしいですか? ではさっそく始めていきましょう。

平 秀信

目次

第1章日本のお母さんが大変だ!

さまざまなことがお母さんを苦しめている

  • お母さんの7割は働いている
  • 専業主婦になれないお母さん
  • 度重なるマタハラ、職場で理解されないお母さん
  • お母さんの働き方に課題山積
  • 変わったのは表面だけ? 男尊女卑の日本

それって子どもの責任?
いったい誰が悪いのか

  • 仕事と家族とどっちが大事?
  • いつの時代も子どもに罪はない

工務店の社長だから言いたい
家族の安全圏、“家”が脅かされている

  • 家族で幸せになりたいなら、家を建てよう
  • 家は家族のとって安全な場所だった

第2章私がお母さんに優しい工務店の社長
になった理由

父の蒸発、そこから極貧生活が始まった

  • その日は、何の前触れもなくやって来た
  • 貧乏を憎んでも、母は憎めなかった
  • アルバイトで学んだ、稼ぐことは悪いことではない
  • 貧乏だったからこそ、暖かい家のありがたさを知った

史上最低のサラリーマンが社長になるまで

  • トンカチで殴られ、ミキサーでグルグルに
  • バブル崩壊で見たもの

シングルマザー、日本のお母さんを
サポートしたい

  • 徹底的なローコストを目指して
  • 本当に安全で安心な家が必要なのはシングルマザーだ
  • 子どもが大人になっても、母は永遠に母

紆余曲折を経て、私がたどり着いた住まい

  • 生き方も考え方も変わった
  • 私を満たす家はコンパクト

第3章家族を幸せに導く、
安くていい家とは

お母さんの負担を軽減する家づくり

  • 「働くお母さんを応援する家」を提案します!
  • 家事に費やす時間を最短に
  • コミュニケーションの場となる空間づくり
  • 美的収納プランナーが太鼓判を押す収納とは?
  • 結論、「働くお母さんを応援する家」の生命線は
    家事動線

子どものためと言い訳しない、
稼ぎ優先にならない賢い家づくり

  • 家にお金をかけすぎてはいけない
  • 今後に備える「資産価値の高い家」
  • 普通の家、丈夫な家こそ、飽きずに長く暮らせる

工務店の社長だから言いたい
家族が安心して暮らせる家

  • 私の給料でシングルマザーの家づくり
  • 姉歯事件のその後 建築業界が騒然とした
    耐震強度問題
  • 昔ながらの家づくりが一番 木造軸組工法

第4章満足のいく家を建てるなら
地元の工務店で

ブランド、高い家が良いとは限らない

  • 価格を左右する中間マージン
  • 工法を限定して、上澄みをおいしく頂戴
  • 一生暮らす家、何十年先までも安心ですか?

地元のことは、地元の人にしかわからない

  • 地元工務店の社長は、逃げない・逃げられない
  • 義理人情が、地元で愛される営業マンを育てる
  • 地域のことを知らない人に家を任せたら…

工務店の家がお手頃価格になる理由

  • 豪華なモデルハウスに騙されてはいけない
  • ○○キャンペーンは、ちっともお得じゃない
  • 膨大な広告費は全部、施主さまが負担している
  • 隠しません! これがローコスト化のからくりです
  • 建てた後の生活を考えて住宅ローンを軽減させる
    アドバイス

どうやって見極める?
満足いく家を建ててくれる工務店

  • 忙しい会社を選べ
  • 理念のしっかりした工務店を選ぶ
  • 抜き打ちチェックに来てください!

第5章長野県・松本ならではの家づくり
地元の工務店で

地域の特性をいかして、子どもの教育を考える

  • 長野県の文教地区・松本は、文化・史跡の街
  • 松本城で外国人の友達をつくろう
  • 間取り次第で6歳・英検2級取得の子どもが育つ

地域性を重視した家づくり

  • 冬の厳しい信州で暖かく快適に過ごすために
  • 全館暖房はぜいたくではない
  • 雨、風をしのぐ家にするためには

信州の良さを伝えたい

  • 信州を味わってもらいたいから、おむすび見学会
  • 地元の木材をできるだけ使った自然素材の家

松本で家づくりをするなら2017年5月より発売

各社オンライン書店や、松本市内の書店にてお買い求めください。

書籍名:
松本で家づくりをするなら
著者名:
平 秀信
出版社名:
エル書房
ISBN:
ISBN978-4-434-23155-1

家づくりの第一歩は資料請求

はじめての方へ【スターターキット】

  • 家づくりの歩き方
    (教科書編・ノート編)
  • 松本で家づくりをするなら
  • 家づくりのワークシート
家づくりの第一歩は資料請求 拡大表示 資料請求はコチラ
閉じる

色々なモデルハウスや見学会に参加された方へ

  • 成功した間取り、失敗した間取り
  • 手取り20万円台からの資金計画
  • 30代の家と暮らしのこと
家づくりの第一歩は資料請求 拡大表示 資料請求はコチラ
閉じる
  • お客様の家 WEB現場見学会
  • 自然素材の家 くらすの家
  • 家づくり ガイドBOOK 無料プレゼント
  • エルハウス公式ブログ
  • 毎日が家づくり
  • 家族の住空間を
	つくりましょう
  • キャリア20年!『エルハウス』
	女性現場監督、家造り日記
  • 現場監督が教える家づくりの楽しさ
  • インテリアコーディネーターのつぶやき
  • 新人現場監督の家づくり勉強記
  • 家づくり勉強会のご案内
  • 個別相談のご案内
  • リサイクル事業部neco
  • エルハウス公式instagram
  • エルハウス公式Facebook
  • 24時間サポート
0120-71-2415 hello@lhouse.co.jp