ハウスメーカーのエコ住宅は高すぎる!

本当に価値ある家が安心価格で建てられる時代になりました

今家づくりを考えている人なら一度は「エコ住宅」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。大手ハウスメーカーでも、盛んに「夏すずしく、冬あたたかい」また「家族の健康を考えたらエコ住宅」など、売り出していっています。

しかし、大手ハウスメーカーのエコ住宅は坪単価75万円近いので、3〜4人の家族の平均的な32坪の家は2400万円にもなってしまいます。いくら住んでからの光熱費が安くなるとしても、あまりのも高すぎます。大きな会社だから安心だとか、家はブランドよね、など間違った思い込みで高い家を買われています。

同じような仕様でも、小回りのいい地域密着の工務店で建てれば価格はグッと安くなり、1700万円台で建てることができます。少しの暖房で家中を温めることができるので、水道・光熱費を大幅に下げられます。実際に建てた家の試算では、一般的な家と比べて光熱費が年間約9万円、水道費が約2万円、節約できるとわかりました。

30年住み続けるとしたら、合計で330万円もお得になります

 

エルハウスではこれまで、いい家を安く子育ての家族に提供したい思いで家づくりに取り組んでまいりました。「当社で家を建ててください」とはもうしません。しかし、大切なお金をムダに使うのはやめてください。ぜひ、当社を選択肢の一つに加えてみてください。

 

ウソみたいに暖かいエコ住宅

真冬なら家の中でも寒いのは当たり前、と思い込んでいませんか? 暖房をかけているリビングは暖かいけど玄関やトイレ、お風呂は外と変わらないくらい寒いのが当然だし、普通だと信じられてきました。でも、これからの家「エコ住宅」は家中どこでも暖かいのが当たリ前。家の性能を高めることで、真冬の朝でも寒さとは無縁です。真冬でも本当に快適にすごせるのか?実際にご自身で体感し、確かめていただくことをおすすめします。

エアコン1台で家中あたたかい!

最新エコ住宅の暖かさ を知っていますか?

冬の寒さが厳しい長野の冬で、エアコン1台だけでも快適な家なんて本当に可能なのか?と不思議に思われるかもしれません。ハウスメーカーは様々な数値をカタログに載せてZEH対応やエコ住宅をうたっていますが、それはあくまでも理論値にすぎません。エルハウスは実際に暖かさを体験してもらうべく、自分たちで本物のエコ住宅を建てています。真冬でも本当に快適にすごせるのか?エコ住宅の見学会開催しておりますのでイベント情報にてご確認ください。ぜひ見学会場にお越しいただき、ご自身の肌で確かめてください。

エコ住宅 吹き抜け

 

高性能 樹脂窓エルスターS

従来の樹脂窓を進化させ、断熱性能がさらに向上
熱貫流率1.30W/(㎡・K)
暖冷房効率を高めて省エネにも貢献

【フレームをスリム化しガラス面積最大化】

熱を通しやすいフレームの露出を抑え、ガラス面積を拡大。採光性・意匠性を高めながら、断熱性能向上を実現。

【高断熱を追求しガラス高性能化】

片側のガラスに特殊金属膜(Low-E)をコーティングし、最適に設計された厚さの中空層には熱伝導率が低いアルゴンガスを封入。高性能化したガラスと樹脂スペーサーにより優れた断熱性能・防露性能を発揮します。

高性能エアコン ズバ暖 霧ヶ峰【ハイブリッド運転で快適&省エネ】

夏は「扇風機」と「エアコン」のいいとこ取り。体感温度に合わせて、2つの運転を自動で切り替え。冬は「サーキュレーターモード」で天井付近のムダな熱を再利用。

【冷やしすぎ防止快適な眠りへ】

「ムーブアイ」が人の体感温度を見て、冷えると爽風、暑いと冷房に自動で切り替え。
»ムーブアイ
(高性能サーモセンサー)
»消し忘れオートOFF
»スピード暖房
»プラチナアレル除菌フィルター

高効率パワフル給湯器エコキュート【ふろ保温時最大約36%省エネ!】

入浴検知センサー(おふろに人が入った時の水位変化を検知)が入浴を検知して保温追いだき開始。入らない間はムダを抑える「保温追いだきカット」します。湯温チェック⇒自動保温の繰り返し動作をカット。

【転倒防止対策 耐震性に配慮】

万が一の転倒防止対策として、貯湯ユニットの脚の強度、設置方法にも配慮しています。
※クラスS)設計用標準
震度KH=2.0
(満水質量の2倍の荷重)
に耐えること。