SECOND OPINION

少しでも不安を感じたら工務店のセカンドオピニオン

広告表示価格と、実際の引き渡し価格が違うのでは?

「広告に書かれている価格が安いからと相談に行き、見積書をもらったところ、チラシ表示価格より数百万円も高い。え、どうして?と思いました。広告価格は本体工事費、外回り工事、カーテン、照明は別途です。と言われても、納得できませんでした」/諏訪市 山本様

価格のカラクリで、お客様を騙してはならない

家づくりを正直にやっている工務店は、広告宣伝費にお金をかけるのではなく、家自体にお金をかけて、強くて安心できる家を作ります。価格のカラクリや、営業トークなどでお客様を誘導し契約するなど、絶対にやってはいけないことなのです。

本当はいくらでできるのか?

実際には、各社の仕様、構造などが違いますので一概には言えません。家を建てる時には、3社以上の住宅会社を周り、相見積もりを取るのが一番失敗がないのです。しかし、価格だけで決めるのは危険です。その会社の過去のお客様の家、構造現場、などを何件も見せてもらうことです。自分の目以上に信じられるものはありません。

あなたに100万円支援させていただきます

もし、あなたが家作りを考えていて、あと100万円あったら理想の家になるのに・・・そう考えていたら、エルハウスを3社の内の一社に入れてください。相談された図面、仕様書、見積書の3点をお持ちいただければ、その金額から100万円引いた金額でエルハウスが引受けます。
過剰なブランド費用(フランチャイズ費用)や広告宣伝費、 その他人件費、多店舗賃貸費用などを削減し、 建築材料にお金をかけているエルハウスなら、同じ間取り同じ部材で、 坪数30坪〜50坪の住宅のトータルの価格で、通常300〜500万円安く建築することが可能です。

間取り

なぜ、そのようなことをするのか?

今、家は安く出来るのです。しかし、5年も10年も、同じやり方で部材を仕入れていたり広告費用に多額の費用をかけていたり、新しいビジネスツールを使うことなく経営していることで余計な経費がかかり、その経費を建築価格にのせている会社が多いのです。

私は、新しいことに挑戦しない業界が大嫌いです。家は価格を抑えつつ、強く安全な家はできます。それを知ってほしいのです。
家作りで損をする人がいなくなることを願っています。

Googleによせられた当社へのクチコミの一部をご覧ください

クチコミ01
クチコミ02

満足保証/セカンドオピニオンを受けて、満足いただけない場合はお車代として3000円進呈致します

無料セカンドオピニオンを申し込む

社長 池原純一

エルハウス 代表取締役社長 池原 純一

全ての責任は私がとります

安心してセカンドオピニオンをお聞きください。
今までに5025名の方が、エルハウスでセカンドオピニオンを聞いています。
申し込みは1分。セカンドオピニオンは3日で受け取る事が可能です。