ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 松本・諏訪で実践【土地探しの成功事例】購入後20年だからわかる土地選びのポイント|20年の実績をまとめてみた

松本・諏訪で実践【土地探しの成功事例】購入後20年だからわかる土地選びのポイント|20年の実績をまとめてみた

こんにちは。諏訪・松本フロー父さんです。

あなたは今、土地購入を希望していますか?
あなたは将来、土地購入を希望していますか?

私が長野県松本市で土地を購入してから20年以上が経ちました。

正直、20年以上前の土地の価格より、現在は価格が下がっています。
ですから、価格だけで考えた場合、当時は買い時ではなかったかもしれません。

しかし、土地選びはパートナー選びと同じ。
世界中に同じパートナーは存在しないように、同じ土地は存在しません。

私が、当時購入した土地は、2019年の今、購入することは、出来なかったでしょう。

また、家族によって家が必要な時期は違います。
私にとっては、今より、この20年に家は必要でした。

そういう意味でも、土地の購入時期は、家族によって違うとつくづく思います。

土地購入から20年経った今だからこそわかる土地選びのポイントを、私なりにまとめて見ました。

床下・床上浸水がなかった

時代が変わったなと思います。
20年前。水害については、あまり考えないで、土地を購入したと思います。

しかし今、新規で土地を購入するならば、街の中での標高を確認して、川の位置、堤防の位置、水の流れを確認して土地を購入することをオススメします。具体的には、土地購入する市町村のHPの中のハザードマップで、予想される水害被害を確認することをオススメします。

火事や地震が最小限に食い止められた

2011年6月30日に、長野県中部地震がありました。私は東京に出張中。我が家の本棚も机に向けて倒れました。食器棚の扉も開いてしまい、奥さんが大事にしていた食器もいくつか壊れました。

これを機会に、本棚を購入し直し、本棚が倒れないストッパーを取り付けました。住宅には被害はありませんでした。

地震は最小限に火災は今の所もらい火を含めありません。
しかし、これらはコントロールできにくいもの。日々、気をつけていくしかありません。

スーパーや日常生活用品を購入できるお店が近くに出来た

土地購入時には、空き地だった近所にスーパーが出来ました。
また、日常生活用品を購入することができるお店も、増えています。スーパーや日常生活用品のお店があるところに住みたければ、それらがすでにあるところではなく、人が住んでいるところ、土地の余裕があるところに住むことが重要だと感じています。

JRの駅や高速のインター、職場へのアクセスがよかった

JRの駅や高速のインターの利便性は道がよくなることで、アクセスがよくなりました。
また、職場が変わること、全国への出張も増えましたが、インターやJRの駅が近くにあったので、不便を感じることがなく、仕事を続けることができました。

子どもの安全を守る仕組みがある環境だった

道の暗さや幅より、スクールバスや集団登校などの仕組みが助かりました。

土地選びは、10年後、20年後は当然、その先の生活にも左右します。
ご質問、疑問など、お気軽にお問い合わせください。

最新イベント情報はこちらへ

現場見学会はこちらへ

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加