ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 松本・諏訪で実践する【住宅資金】で後悔しない計画の方法

松本・諏訪で実践する【住宅資金】で後悔しない計画の方法

こんにちは。諏訪・松本フロー父さんです。

私たちは、現在、また将来家づくりを検討されている方に、16種類の住宅成功シートをご提供しています。昭和から平成へ。そして平成から令和へ。人生100年時代の住宅成功シートをぜひご活用ください。

あなたは、家づくりをする時、住宅ローンを使いますか? それとも、住宅ローンを使わないですか?
今回は、住宅ローン、資金計画のお話です。多くのご家族は、住宅ローンを活用します。ですから、家づくりは、住宅ローン選び。住宅ローンを正しく借りることは、家づくりの成否を決定する最も大きな要素と言えるかもしれません。今日は、住宅ローンを考える上で、やってはいけないこと、考えておくべきことを、言語化してみます。

1.いくら銀行から借りられるか? から考えるのはNG

家づくりの計画も後半になり、土地の価格、住宅の価格が決まってきて、総額の金額が洗い出され、自己資金や住宅ローンの金額が決まってくるタイミングで注意していただきたい事柄です。住宅会社の担当者の「銀行からはあと100万円、2000万円までなら借り入れできます」というような言葉が出てきたら、要注意です。

借り入れ額を、銀行から借り入れ可能な額から決めてしまう失敗。最近は少なくなりましたが、このような方が、まだまだ全体の20%くらいいます。自分は大丈夫だという人ほど、注意して資金計画をしていただくことを、オススメします。

2.毎月、いくら返済できるできるか? から考えるのもNG

私は、いくら銀行から借りるのか? からは考えていない、いくら返済できるかから考えているから大丈夫。安心してください。打ち合わせをしていると、そのように、おっしゃる方がいます。全体の80%くらいの方が、そのようにおっしゃります。しかし、このような考えも、私たちは、NGと考えています。なぜなら、住宅ローン返済を開始して、返済額が気になるのは当初3〜5年の間だからです。30年の住宅ローンを組むとして、その後の25年は、全く別のことを考えながら住宅ローンを支払うことになるからです。

3.何才までに、完済したいのか? を考える

住宅ローンを返済し始めて、3〜5年の月日が経つと、多くの方は返済金額は気にならなくなります。そして、次第に、この状態が何才まで続くだろうか? という気持ちが芽生えてきます。特に、30代前半に、住宅を建築する人の多くは、自身が50代になったときのことをイメージできないので、40才が近くなるタイミングで、返済終了時のことが、気になり始め流のです。

今まで、諏訪地区、松本地区で、900を超えるご家族の家づくりをお手伝いしてきました。900のご家族それぞれの人生で大切な事、家づくりで大切にしていることをお聴きし、実現してきました。私たちには、先人たちの知恵や工夫がたくさんあります。これからの家づくりに、活用いただき、望む人生を手に入れていただければと思います。

住宅コンサルタントと一緒に住宅成功シートを使って家づくりをされたい方は、お気軽にお声がけください。
望む人生を手に入れるお役に立てれば嬉しく思います。

かなわない夢はない!

WEBニュースレターに登録する

最新イベント情報はこちらへ

住宅成功シート1|やってはいけない!家づくりに失敗する人が考えない事

住宅成功シート2|やってはいけない!家づくりで嫌な思いをした人が避けたかった事

住宅成功シート3|新築を決断した理由と新築しないことを決断した理由

住宅成功シート4|家づくりをするのは誰のため?|建築して良かったと実感する本音を公開

住宅成功シート5|エルハウスで新築する人しない人

住宅成功シート6|大事なお金を何に使いますか?|人生でお金のかかる8つの分野|人生の縦軸をコントロールする

住宅成功シート7|大事なお金を何に使いますか?|現在お金のかかる事の優先順位|人生の横軸をコントロールする

住宅成功シート9|やってはいけない!家づくりが中止になる7つのパターン

住宅成功シート10|やってはいけない!失敗する家づくりのスケジュール

住宅成功シート11|やってはいけない!成功しない住宅の間取りのパターン

住宅成功シート12|やってはいけない!失敗する土地選び

住宅成功シート13|やってはいけない!成功しない収納シート

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加