諏訪・松本の工務店エルハウスからのお知らせ

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店エルハウスからのお知らせ
  3. 茅野市のケーキ屋さんアニバーサリーチロルさんの協力をいただき今年もエルハウスサンタクロースがお届けにあがりました
茅野市のケーキ屋さん「チロル」

茅野市のケーキ屋さんアニバーサリーチロルさんの協力をいただき今年もエルハウスサンタクロースがお届けにあがりました

2021サンタ作戦お手紙
2021サンタ作戦お手紙

2021年新しいお家を建築おめでとうございます!
私たちエルハウスは、かなわない夢をかなえるお手伝いができたことを本当に嬉しく思っています。新しいお家の住み心地はいかがでしょうか?

今回は、新築のお祝いも兼ねまして、クリスマスケーキをプレゼントいたします。

このケーキは茅野市のケーキ屋さん、「チロル」の店長さんに作っていただいた「シュトーレン」というドイツ生まれのクリスマススイーツです。

私はこのシュトーレンに「絆を紡ぐシュトーレン」という名前を付けました。なぜ「絆を紡ぐシュトーレン」なのか。少しだけご説明させていただければと思います。

2021年は、私たち、エルハウスの出発点であり、地元でもある茅野市高部地区にて大きな災害が発生しました。近くで大規模の災害を初めて見たことにより、自然の恐ろしさというものを痛感しました。毎日送っている日常も、自然の力で簡単に非日常になってしまう恐ろしさを体感しました。

今回の災害が起こったことを知り、私は、いてもたってもいられず、災害復旧のボランティア活動に参加しました。高部地区へ行ってみると、多くの人がボランティアに参加し、災害にあってしまった お家にお住まいの方も、ただ落胆するだけではなく、望む人生のために、元気に復旧作業をしていたのです。

私は、人は一人で生きているのではないということと、望む人生を得るために、災害に立ち向かっていく人の強さを知ることができました。

今回、ボランティアに参加する中で、毎日お会いしてお話する男性の方がいました。この男性は、茅野駅の近くの、チロルというケーキ屋さんの店長さんでした。この店長さんは、毎日仕事をしながら、ボランティアに参加されていて、地元のためになんとか力になれないか との思いで参加されていたのです。

「自分が生きている地元が困っているならどうにかしてあげたいし、力になりたいんだ!」という店長さんの地元の絆を大事にする気持ちに、私は大きなパワーをいただきました。

そして、地元に20年以上間根ざしているエルハウスの社長として、地元の絆を紡いでいき たいという気持ちが、より高まりました。

2021年、新しいお家が完成し、お引渡し後、新しい生活が始まっていると思います。
エルハウスのお家を基盤にして、新しい生活でさまざまな地元の絆を紡いでいただき、望む人生を手に入れてほしいという私たちの夢を叶えるため、この「絆を紡ぐシュトーレン」をプレゼントさせていただきます。

私たちはお引渡し後からが本当のお付き合いが始まると思っています。これからも、さらに絆を深めていきたいと思っていますので、お家のお困りごとがありましたら気軽にご連絡いただければと思います。
望む人生のために、少しでもお力になれれば幸いです。

株式会社エルハウス
代表取締役社長 池原純一

サンタ大作戦の様子を見る

諏訪・松本の工務店エルハウスからのお知らせ

諏訪・松本の工務店エルハウスからのお知らせ一覧

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加