お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 長野県のエルハウスで家を建てたらこうなった(新築おウチ自慢~I様編)
シーリングファンとガラスブロック

長野県のエルハウスで家を建てたらこうなった(新築おウチ自慢~I様編)

今日は「くらすの家」を見て、エルハウスとの契約を決めたお客様の話をご紹介します。

デザイナーズ住宅くらすの家

「結婚して子どもができてから、自然とマイホームが欲しいと思うようになりましたが、どんな家が欲しいのかまではイメージがありませんでした。ところが「くらすの家」を見た時にすぐに『あ、これ良いな!』と感じたんです。機能面にもデザイン面にもたくさんの工夫が注ぎ込まれていて『この家を参考にすれば、良い家ができる』と確信しました。あの時に初めて自分たちの理想の暮らし方が見えたんです」

「デザインについては妻が『パパの納得がいくようにすればいいよ』と言ってくれたので、自分の好きなアメリカンテイストを反映させることにしました。家は一番長くいる場所。ゆったり、まったりできるようにヴィンテージ感のある落ち着いた雰囲気にしています。特に気に入っているのが、レンガと古材を利用したバーカウンター。1日の終わりに、ここでお酒を飲む時間は最高です。
レンガと古材を利用したバーカウンター

古材を使うのは前島さんからの提案。前島さんは、自分が叶えたいことと予算のバランスを考えて、いろいろとアイデアを出して形にしてくださいました。家づくりの最中、古材板を直接トラックで調達して、自らやすり掛けしてくれた姿も忘れられません。

「うちは共働きで、家事になかなか時間をかけられないから、物が散らかりやすいのが悩みでした」という奥様。「せっかくデザインにこだわったのだから、きれいな状態がずっと続くように、造り付けの棚やパントリーを取り入れて、収納力を高くしました。 それから、キッチン · 脱衣所 · トイレの水回りは動線を一直線に、2階のホールにはシーリングファンを付けて室内干しができるように。おかげで家事の時間が短くなってストレスなく過ごせるから、夫婦喧嘩もなくなりました (笑)。この家で家族みんなが幸せでいれることが一番うれしいですね」

アメリカンテイストの家

いかがでしたか。
家づくりで困っている方、諦めてしまう前に一度、エルハウスに相談してみませんか?きっと想像以上に良い家ができあがると思いますよ。

エルハウスに相談してみる

お知らせ

お知らせ一覧