家づくりワンダフル

  1. HOME
  2. 家づくりワンダフル
  3. エアコン室外設備は定期的に点検・補修しよう

エアコン室外設備は定期的に点検・補修しよう

こんにちは、いつもありがとうございます。チームエルハウスです。

エアコンが水漏れしても、あわてないで

エアコンからが漏れてきて困った経験はありませんか? 冷房や暖房を使っていると室内機の結露で水が発生し、ドレンホースを通って室外へ排出されます。このドレンホースが詰まると室内機の水がうまく外へ排出されず、室内機から水漏れを起こしてしまうのです。掃除機で簡単に解消できますので、あわてずに。あらかじめ下のような方法で季節ごとにお手入れしておくといいでしょう。

エアコンのドレンホースのお手入れ方法

まず掃除機が余分な水を吸い込まないように、タオルで室外にあるドレンホースの排出口を覆い、ゴムなどで留めておきます。
あとは掃除機で吸って、タオルに溜まったゴミを捨てるだけで完了です。ホームセンターに行くと、専用の吸引クリーナーが売られています。
(エアコンやポンプの仕様によって点検・補修の方法は異なります。事前に取扱説明書をご確認ください)

雨水の浸入で雨漏りすることも

エアコンをまったく使用していないのに水漏れしてきたら、雨水の浸入を疑ってもいいでしょう。室内機と室外機をつなぐ配管とドレンホースは、ひとまとめにされ、断熱テープで巻かれていますが、この断熱テープが劣化して、剥がれた部分から雨水が配管に沿って部屋に浸入することがあるのです。そんなときは市販の断熱テープで巻き直せば、雨水の浸入を防ぐことができます。
エアコンの掃除というと室内機に目がいきがちですが、室外設備も定期的に点検しておくことが大切です。

関連諏訪・松本の工務店エルハウスのイベント・見学会・勉強会

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加