諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 【茅野市・松本市】 工務店の2020年からの新しい家づくり
エルハウステレワークの家

【茅野市・松本市】 工務店の2020年からの新しい家づくり

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

テレワークとか、オンライン飲み会とか、この感染騒動から聞いたことはない、というほどに浸透した言葉になりました。今年の流行語大賞になるのかな? って思います。ですが、言葉はしっていても、やったことがない人も多いのではないでしょうか。テレワークをやっていみて、メリット、デメリットがわかりました。

 メリットは

通勤時間がない

あたりまえですが、通勤する必要がないため、渋滞や満員電車で過ごしていた朝の時間が他のことに使えます。子ども
の送り迎え、家事仕事、もしくは、早めに仕事をはじめ、早めに切り上げるなど。帰宅という概念もなくなりますから、
夕方からの過ごし方も趣味など自分の自由な時間が増えます

リフレッシュ

1戸建に住む、住んでいることを前提ですが、 庭や、自然を眺めながらのワークができます。晴れて暖かい日は、庭に出てワークをするのもいいかもしれません。 その日の気分で、自由な場所でワークができます。
また、好きな音楽をかけながら、リラックスをした状態でワークに取り組めます。 同僚、上司、部下などから話かけられることもありません。営業の電話もかかってきません。リラックス、そして、集中できる時間を持てます。

家事、育児と両立

自宅ですから、先にもべたように通勤時間帯に家事をこなすことも可能です。 最大のメリットは子供たちの面倒をみながらワークができることです。先日まで、学校も封鎖された状態で、子供だけで留守番もさせられないし、ということで仕方なく仕事を休むかたもいたでしょう。でも、テレワークではその心配がないどころこか、学校もオンラン授業になり親子で在宅での取り組み。 子供たちと一緒に、オンライン。日中も子育と同時に仕事をこなすことができます。

デメリットは

時間管理

小さいころから、集団で決められた時間割で教育を受けてきたことから、私たちは、一人で時間配分することに慣れていません。社会人になっても休憩時間など決められている職場も多いかと思います。 ついつい、休憩もせずに仕事にのめり込み、結果仕事効率が悪いなんてことも・・。自宅にいることから、休憩時間なのか仕事時間なのかメリハリがつけられないこともあります。サボっていると思われたくないことから会社に出社している時以上に、PCに向き合う。つまり自分で自分をコントロールできないのです。 でも、仕方ないのです。 チャイムがなり、教室に入る、授業に向かうという教育を長いあいだ経験をしてきましたので、自分で時間を管理することに慣れていません。一番最悪なパターンは、夜中でも仕事ができてしまうことです。笑

プライバシー

テレワークで、どうしても必要なことは、対面で話すことが不可能なために、オンラインで社内会議、お客様との商談です。そんなときに、子供の声や、周りの雑音などが相手にとっては気になるところです。リビングや、ダイニングでテレワークをするしかない環境が悪いのです。

書類や資料が山積みに

クラウドの時代とはいえ、多少なり紙ベースの書類はあるはず、まだ、捺印文化の日本、また、急激なオンラインの加速に、私たちの脳がついていけません。資料や書類、カタログ?も仕事には必要。会社では保管場所があるはずですが、自宅ではその準備が進んでいない。 大切な書類もリビングの片隅に雑誌と共になんていうケースも。子供時のように
勉強机があれば整理もできるのだですが。読みたい本などもきちんと整理しておきたいです。

テレワークの家はこうしてうまれた

メリット、デメリットを感じて、間取りから考えた 理想の家。それが、テレワークの家。
アフターコロナではく、withコロナです。 第2、第3波と言われている以上、テレワークだけではなく、家に帰ったらすぐに手洗い。家中の換気も気を配りたい。空気感染だってないとも言い切れない。そして、これから過ごす家は大きい家は必要はない。 不用意な部屋は建築コストをあげることになり、空間を温める能力も必要になることから光熱費もかさむはず、現実、大きい家中の掃除も大変 笑
リゾート感覚で、テレワークができる、そのような家を作ってみました。

 限定2棟 特別なお知らせです

テレワークの家を誕生ですが、実際に家が存在している訳ではない 1000分の1スケールの家ならありますが 笑
早く、実物を作りたい。そこで、テレワークの家を建てていただける方を募集します。
私たちと、一緒に家づくりをしていきましょう。
限定 2棟です。
1棟は SNSなどへ写真掲載を前提に。 50万円お値引きします。
1棟は、モデルハウスとして貸してほしい。3ヶ月位。 ただし建築地によります 100万円お値引きします

問い合わせは、こちらにください
エルハウス 池原まで
メール ikehara@lhouse.co.jp

お名前:
ご住所:
ご連絡先:

新型コロナウィルス感染予防対策として、オンラインでも勉強会にご参加いただけます。

■日時:6月14日(日)
■参加場所:
・エルハウス松本支店
・オンライン受講
■参加費:無料
■講師:池原純一(住宅コンサルタント)・福田健哉(住宅コンサルタント)

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415

副社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加