家族物語843

  1. HOME
  2. 副社長|池原純一ブログ
  3. 諏訪地区から災害ボランティアで貢献する方法|被災地ではない地区からできること

諏訪地区から災害ボランティアで貢献する方法|被災地ではない地区からできること

この週末、お休みを利用して
災害ボランティアに参加される方もいるでしょう。

大規模な災害により、行政側も収集がつかず
ようやく災害ボランティアの受け入れが整ったようです
私も 参加してきました。

 

過去、災害復旧の現場は多く関わってきましたが
行政主体のボランティアとして、参加するのは
初めてです。これから、行かれる方に
参考になればと思い、様子を書きます

持ち物 軍手、ゴム手袋、マスク、角スコップ
飲料、昼飯、タオル、着替え
服装、帽子、カッパ、長くつ
あと、服装はカッパを着ない作業もありますので
できるだけ、自分にしか持っていないような
特徴のある服装がいいです、地域名や、名前が
入っているといいでしょう。(知らない人から
声をかけてもらいやすくなります 笑)

基本、作業は汚泥等が入り混じり浸かってしまった
物などに触れます。手袋をしていても
衛生的には、よくありません。
帰りに、入浴などされて着替えて帰宅することを
おすすめします。

私もエルハウスの名入りの、ポロシャツで行き
エルハウスさんの方ですか?と声を掛けて
いただきました。 (宣伝のつもりはなかったのですが)

9時から12時に間に 受付をします。
名前、住所を記入をし、災害ボランティア保険の加入、不加入を
問われます(こんなのあったの??)
加入していなくても、問題ありません。多分ですが 笑

その後、シールタイプの名札に
必要事項を書き、胸などに
貼り付けます。ここは、はずがしがらずに
目につく場所に貼りましょう。

20人位集まった処(適当、順次って感じ)
で、注意事項などの説明を受けます、

説明が終わると5人づつ
横並びに並んでください
と、声がかかります。
ここで、5人のチームが組まれます。
この時に
知人と行かれるかたは、隣に並ぶなど、そして
周囲の方と相談をして、同じチームにしてもらう
ように調整しましょう。
受け入れ側の方も混乱しないでしょう。

1チームができあがると、リーダーを1名決めます。
リーダーは、作業のまとめ役、連絡、休憩などの
程度の役割です、 そんなにハードルは高くないです。
チームに分かれるとここで初めて、行政担当者さんから
派遣地域を言い渡されます。

我がチーム おじさん3名、青年1名、お姉さん1名 笑

 

派遣先までの、チーム毎に車は乗り合わせで
向かいます。
自分の車で、現地までいきませんから
荷物を入れる、バックは必須です。

数量限定ですが、ゴム手袋、マスクなども
ここで、もらうこともできますが、
自分で持っていったほうが良いです。

まず、派遣先地域のコミュニティーセンターに行きます
(ここからは、チームで行動します)
ここで、担当者さんから場所と、おおよそ作業内容を指示されます。
ここは、最前線基地に近いですので、かなり
混乱しています、 仕方ないですね。

必要な 物資もかなりあります。

重労働や、出来ないことなどあればここで
申し出ましょう、調整をしてくれます。
あと、大切なことは、
派遣先は、必ずしも 水道が使えるとは限りません
要注意です、ボランティアで訪れて、不足の水などを
現地で使うなどは、迷惑なことですから心得てほしいです。

ですから トイレは、ここで済ませておいてください。
必ず、行きましょう。

ボランティア活動になれている方は
マイ簡易トイレを持参しています。流石❗️と思いました。

飲料水は受付地などで、無料配布していましたが
持参しなくても良いかな?と思いましたが
ボランティアは、自分のことは自分で、迷惑をかけない精神は
大切です。 モラルを守りましょう。
最低1本は、自分で持っていきましょう。
(私は、3本持っていきました)

次は 指示された地域の公民館など
に行きます。最前戦基地といった処です。
(ここでも、受付をします。多分、災害で多数の
ボランティアの人が出入りしますから、
治安上の対策の一つかなと思います)

最前戦基地には、災害で避難されている
方もいます。大声で笑ったり、お客様気分の
ような態度も慎みましょう。

実際、ここで今日の作業内容と作業場所の
指示がでます。ここから、徒歩で、作業場所に
向かいます。

私がいった当日は、街中の泥水はほぼ
除去されており、大広場での
災害からでた産廃の、片付けと 仕分け作業でした。

とにかく、排出を優先で置かれたままですので
分別はされていません、 燃えるもの、木材、家電など
と人界戦術で運び、仕分けをしてしていきます。

大人数ですが誰が、 指揮をとる、指示されると
言うわけでもないので、先に作業している方に
内容を聞き、また、自ら気づいて感じとった内容で
作業します。

指示待など、ぼーっとしている人はいません。とにかく
皆、黙々と動きます、 自分の持ち場はなく、
排出トラックが入ってくれば、どこからともなく
人が集まり荷をおろしを手伝い、そして、仕分け作業を
次から次と黙々と行います。

人手がたりなければ、やってほしいことが
あれば、その場で声をかけると
どこからとなく、周囲の方々が手をかしてくれます。
ボランティアの精神で集まっている集団ですから
動きと対応は早いですし、
作業が進むにつれて、仲間意識も芽生えてきます。
年齢、性別関係ありません。

どこから来て、どこに住んでいるのかも知らない
名前もしらない。でも、目標は同じ方向を
向いていますので、輪が生まれ、協力が生まれます。

それぞれの役割、段取りをする人、作業をする人
自然に組織がうまれるとは、このことですね。
(無の心だからこそかと私は感じました。また、
多くのかたがボランティア活動に参加する 一つの理由なのかな?
とも感じました)

という感じで、作業は終わります。
帰りの際には、必ずボランティアセンターに
お寄りください(最初の受付場所です)
高速道のボランティア活動用の申請書を
記入すると、高速代金が免除されます。

高速の入り口で くれぐれも
ETCレーンの利用ではなく一般から
チケットをとって入ってくださいね。

最後に現地で感じたことです。
残念ですが、ボラティア活動のなかで活動できる
範囲は限られると思います。
それは、復旧直前までの作業工程しかできないこと。

泥の除去、家具など片付け、ふき掃除
という処です。
ですが、ここからが 本格的な復旧が必要です。

恐らく、被災地域の職人さん、工務店は
手が回らないでしょう。

私達、遠隔地(中信 松本市、塩尻市、南信 茅野市、諏訪市 )から
駆けつけます。災害活動支援します。

・床下の消毒
・床板の張替え
・壁の張替え
・設備機器の取り替え(ボイラー、キッチン、トイレ、洗面、風呂など)
・襖、ドアなど取り替え
・後から出た不用品家具などの処分
・保険の相談など

無料診断、無料見積もり、いたします。
困りごとがあれば、遠慮なくご連絡ください
災害で困ってます。と、今すぐご連絡ください
災害ボランティア価格にて、対応いたします。
0120−71−2415

WEBニュースレターに登録する

最新イベント情報はこちらへ

副社長 池原純一のプロフィールへ

関連副社長|池原純一ブログ