諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 諏訪・松本・伊那地域工務店の家作りへの22のきっかけ
インテリア

諏訪・松本・伊那地域工務店の家作りへの22のきっかけ

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

家づくりって、本当にノンフィクションの物語なんです。
最初に、なぜ?家を建てようと考え始めたか、なぜ、賃貸に住み続けないで一戸建てににこだわるのか。

過去、数百人のお客さまには、それぞれの動機がりあります。

・子供が生まれた機会に、先を考えると手狭が予測されるから
・今は、部屋数の関係で一家で1部屋に寝ていますが、子供が小学生になって狭すぎて・・。
・両親が転勤族であったから、生まれてからこのかた一戸建に住んだことがなくてずーと憧れであった
・家賃を大家さんに支払いつづけていても、最終的に考えたら何も手元もに残らないことに気づいた
・結婚を機に、新居のアパートを探していたら、家賃分で住宅ローンを賄えることに気づいた
・祖父母から、将来、ここの畑をあげるから家を建てなさいと言われていた
・生まれそだった土地に戻る事を決めていた
災害をみていると2Fに避難することで命が救われると思った。今の賃貸は1Fの部屋ですごく不安におもった
・田舎なので子供会行事に参加するのに、戸建の子に比べて賃貸の私達の子供はなにかよそ者のように見られているよう  なきがしたので、地域コミュニティーを考えて建てることを決めた

・自分の一戸建ての家で育ち、子育てをするなら一戸建てでしょ、子供にも同じ思いをさせたい
・遠くの両親が一人になってしまい心配なので、一緒に暮らすことにした
・賃貸では収納がたりず、また、隣の部屋などに子供のなきのなきごえなど気を使う生活からぬけだしたい
・コロナ感染化で、会社にいかなくとも仕事ができることがわかったので自宅でしごとをする
・共有の階段、共有のローカ、エレベーターホールなど、気がついたら感染リスクが高いことに気がついた
独立して商売を始める予定だから、広めの土地に家と店舗を構え、子育ても仕事を効率的に行うことを考えていた
・実家の老朽化を考えると、リフォームを繰り返し小銭をうしなうより35年の投資と考え、今建て替えたほうが
金銭面からもよく、安心を手にいれることができると思う。
・離婚を機にずーと考えていた一戸建ての夢を、反対する相手がいなくなりまた、自分一人なら子育てもローンもやり切  れるという自信があった。
・月々の光熱費、とくにガス代は高いと感じていて いろいろな情報を集めてみると最新の一戸建ての家はさほど光熱費  がかからないことがわかったので、老後の収入が減ったときの備えと思い考えた
・どちらかというと、奥さん(嫁)が、ほしい、ほしいと言っていたのでいつかは叶えてあげたいと考えていた
・家づくり勉強会がきっかけで、興味はなかったが、話を聞いていたら今の家賃で住宅が持てることがわかった。

・絶対に中古住宅しか無理を決めつけて探ししていましたが、地元工務店は予想外に安価で建てるんだなとわかり、どう  せなら新築だよね、と、奥さんが言い出した。
・暇を持て余して、住宅展示場に見学に行き始めていたら、我が子が、学校で 「今度、家を建てるんだ」と言いふらし  てしまい、 あとに引けない状況から、ローンのことを学び始めたら、大手メーカーは無理だけど手が届く価格で建  てられる家がわるこがわかり、子供への面子ではないけどいつかはと思っていたので、ちょうどよいキッカケであった

諏訪市リアルWEB完成見学会

諏訪市湖南地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会|コロナ時代のゆったりコンパクトという新しい提案|満足かつ安心の4LDKの家

■場所:長野県諏訪市湖南地区
■日時:2020年9月19日(土)20日(日)26日(土)27日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※一対一のWEB見学会か、直接現場での参加かお選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

 

副社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加