諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 女性が設計した 女性らしい気遣いの家をお見せします
完成見学会告知

女性が設計した 女性らしい気遣いの家をお見せします

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

今週末から来週末にかけて 平日を含めて見学会を開催します。見学会には、2つ目的があります。

一つ目は、その工務店はどんな家を作っているのだろう、イメージを見極める為です、2つ目は今後の家づくりへの
参考になろう、と思う間取りです。

間取りなのですが、お客様自身の希望で決まってくるのですが、実のところ、一番最初に描く、ファーストプランがベースになることが多いです。このファーストプランは誰が描くの? そうです、これこそ、私たち設計士が描きます。ですから、お客様からの要望の的が外れない限り、ファーストプランに近い間取りが出来上がります。
つまし、完成した家は、最初に見たプラン、提案されたプラン(建築地にあてはまる)に近くなります。 ですから
私たち建築士は、できるだけ、他人、他社の描いたプランを見ないようにしています。 各社さん、素人ではないですから当然、そこの土地形状にあったプランを設計されていますが、そのプランを見ると、そのプランが脳裏の残り
同じようなプラン、また、違う発想がしずらくなってしまうためです。

ファーストプランですが、 ほんと、設計士のクセによる傾向があると思います。 特に、男性、女性の性別で
普段の生活から感じ取っていることが違いますので、間取りにに反映されることが多いです。
プランって、ある程度、設計士自身の生活経験から理想の形を抱いているケースがあります。私は男性ですから
奥様の意見、家事同線も十分に考慮して考えていますが、ご主人から希望とご主人の気持ちのほうがわかることが
多いので、どちらかというと男性目線での間取り傾向になりがちかと思っています。

家づくりの中で、遊び心を持たせた空間や、一見無駄に感じるかもしれませんが 広いスペースを確保した方が
いいという気持ちが強く間取りにあらられています。

今回、見学会でお見せするお宅は、弊社の土橋さんが設計をしたお家です。 そうです、女性設計士による女性らしい
きめ細かやまな間取りが実現されています。一つの特徴として収納が多いこと。
収納率から言うと、 20%は収納。 通常、収納率は、10から15%ですから この割合から見ても、とにかく
きちんと整理整頓をしたい、部屋などに荷物などを散乱したくない という きめ細かい思いがあることが読み取れます。次には、動線です。 キッチンから 洗濯スペースへ繋がる動線は私もよく考えますが、今回の間取り
キッチンを挟んで、洗濯スペースへ、反対側には3畳間の納戸が続きいています。
この同線はあっぱれ です。機能重視。 多くの家庭では誰が掃除や片付けを率先してやるかと言うと、大抵、女性ではないでしょうか。

男性は、古来から外にでで狩猟の血筋が流れているので、家のなかのことは苦手 という言い訳をしまておきましょう。 笑

ですから、どうしたら短時間で作業を済ますことができ、かつ、どのようにしたら使いやす、整理しやすいのか。
ということに焦点がいくのかと思います。 これが女性らしさの間取りの特徴なのかと思います。
外観に関しても、私は、けっこうアクロバット的なデザインをしたいと思います、冒険です。
時には、えっ?? と言う形も試みたいと思い、ダメ出しを受けることもあるのですが・・・・。 女性が設計した
家は、まとまりがあります。 私は土橋さんの設計はまとまった雰囲気の優しい印象を受けます。
今回、お見せするお宅も、真四角に近い形状と方流れのスッキリと下で在位、ホワイトの外観の優しさが見える
お家です。ぜひ、下記から御予約ください

諏訪市中州地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会

諏訪市中州地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会|子育て世代に伝えたい、家族の絆を支える新しい時代の「平屋」の暮らしを公開

■場所:長野県諏訪市中州地区
■日時:2021年7月31(土)~8月8日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※直接現場での参加か、一対一のWEB見学会か、お選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

 

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加