ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 気温も湿度も低い諏訪・松本の天候を徹底活用|ソミュール液を使わない燻製

気温も湿度も低い諏訪・松本の天候を徹底活用|ソミュール液を使わない燻製

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

・自宅のキッチンを使わない
・仕込みの時間、調理の時間を少なく
・奥さんがやりたくない被らない料理

と言うポリシーを掲げ、
ニッチなセグメントでやることを決め、昨年夏から始めたグリルする。

その後、冬場は外気温が低くなりすぎて、グリルするは不向きということで、
昨年末からは、燻製するに発展しています。

気温も湿度も低い諏訪や松本の天候は、
水分が苦手な燻製にはモッテコイの環境であることが、
数回の燻製体験でわかります。

しかし、燻製レシピに出ている情報では、燻製にはソミュール液が必要で
それを作る、それを使い、塩抜きの作業が、

ポリシーの一つ、仕込みの時間、調理の時間を少なくにそぐわずに、
難儀していました。

そこで思いついたのが、ソミュール液をつかなわい燻製。
そもそもソミュール液は、保存のために必要な作業の一つということで、

1〜3日で食べきってしまう我が家には、必要ないのではないか?
との仮説を建てた次第です。

で、最近は、ソミュール液なしで、
塩と黒胡椒をふりかけ(時には、ローリエやタイムも)
すぐに、乾燥する工程でやっています。

これが、片手間で、美味しくでき、なかなか良い感じです。
この日行ったのは、塩シャケの温燻。
3切れで200円くらいでした
(100グラム119円のシャケです)

盛り付けはこんな感じ

実は、この日は、初めて冷燻に挑戦しました
挑戦したのは、スモークサーモンです。

場所が空いていたので、一緒にチーズもやりましたが、
チーズは、やはり温燻の方がいいみたいです

冷燻には、燻製チップではなく、燻製ウッドを使います
(違いについて知りたい方は、ググってみてくださいね)

香りづけしたサーモンは、一日冷蔵庫で寝かします。
すると、

びっくりするくらい美味しく出来上がりました。
この日の夕食は、こんな感じでした。

ごちそうさまでした。

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この一冊があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

望む人生を手に入れよう|書籍無料プレゼント

WEB見学会に参加する

WEBセミナーに参加する

友だち追加

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加