ブログ|諏訪・松本の現場監督が教える家づくりの楽しさ

  1. HOME
  2. 現場監督|奥寺立佳
  3. 【注文住宅】と建築基準法|阪神淡路大震災から25年

【注文住宅】と建築基準法|阪神淡路大震災から25年


エルハウス 工務の奥寺です!

1995年1月17日に神戸を中心に
襲った阪神淡路大震災

地震発生後、テレビで阪神高速が倒れている
様子を見て大きな衝撃を受けました。

また、昨年末に神戸に訪れた時、
パネルでみた震災の恐ろしさ。

平穏な生活が送れてることに改めて感謝します。

10万5千棟の家屋が全壊し、
6434人の方々が犠牲となった未曾有の大震災
から25年が経ちました。

建築基準法が大きく改正されたのも
阪神淡路大震災を受け、
以下の3つが見直されました。


基礎に関する仕様規定ができ、
事前に地盤調査を行い、
地耐力に見合った基礎形状に
しなくてはならなくなりました。


柱の足元や頭の部分が基礎や梁から
引き抜かれてしまうことを防ぐために
使用する止め金物の種類などが
具体的に明記されるようになりました。


耐力壁を確保し、壁をバランスよく
配置することが必須になりました。

主に見直されたのは、基礎や構造に関してです。

阪神淡路大震災で倒壊した木造住宅の多くは、
柱が抜け、二階全体の荷重が一階にかかり、
一階の柱が折れ、一階が押しつぶされたこと
が原因です。
また、基礎と土台がずれてしまった家も
たくさんありました。

このことを踏まえ、筋違や柱の足元や頭の部分に
対する金物の考えが非常に重要視されるように
なりました。

より安全な建物を作るために、
構造に対して考えさせられた阪神淡路大震災
この出来事は、絶対に風化させてはいけません。

今週末は下諏訪のモデルハウスにて、
完成見学会を開催します。

エアコン一台で暖かい家を
ぜひ、ご体感ください!

もちろん、見学会場にくるまでは、
暖かい格好でお願いしますね

現場見学会についてはコチラ

雪予報も出ておりますので、
皆様、見学会場までお気をつけてお越し下さいね。

現場監督 奥寺立佳のプロフィールへ

関連現場監督|奥寺立佳

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加