ブログ|諏訪・松本の現場監督が教える家づくりの楽しさ

  1. HOME
  2. 現場監督|奥寺立佳
  3. 今回は、松本市でコミコミ住宅の土台施工です!

今回は、松本市でコミコミ住宅の土台施工です!

エルハウス 工務の奥寺です!

本日は、松本市の現場にて土台施工を行いました。

土台施工とは、基礎の上に木を敷くことです。
お建前をする前の工程になります。

先日のブログにて、エコ住宅は、基礎断熱とお話しさせていただきましたが、
コミコミ住宅は、床断熱になります。

床断熱は、土台と土台に断熱材を施工します。
その為、床下は、常に風通しを良くし、湿気がこもらないようなければなりません。

湿気がこもってしまうとカビやシロアリなどの原因にもなってしまいます。

以前は、基礎に換気口を設けて床下を換気させるのが
一般的でしたが、換気口の個所は鉄筋を切らないといけない為、
現在は、土台と基礎の間に基礎パッキンを敷き
基礎パッキンによって床下換気をするのが一般的になっています。

床下断熱の場合、
床のすぐ下に断熱材があるので、冬場の床が冷たく感じにくくなります。

隙間なくきちんと施工することが大切になります。
隙間が少しでもあると、床下の冷気が上がりやすくなってしまい、
気密の確保が出来なくなってしまいます。

写真をご覧いただき、断熱材に隙間が一切ないですよね。

信州の厳しい寒さの冬でも、エルハウスの住宅が暖かいのは、
断熱材の施工をきちんと大工さんも熟知しているからです。

暖かい住宅にするためには、断熱材の施工が何より大切だと分かりますね。

エルハウスに相談をする

現場監督 奥寺立佳のプロフィールへ

関連現場監督|奥寺立佳

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加