ブログ|諏訪・松本の現場監督が教える家づくりの楽しさ

  1. HOME
  2. 現場監督|奥寺立佳
  3. 下諏訪町の新築現場 これなーんだ?

下諏訪町の新築現場 これなーんだ?

エルハウス 工務の奥寺です!

現在、絶賛大工工事が進行中の下諏訪町の現場での一枚です!

これから何が作られているのでしょうか?
皆さん、なんだかわかりますか?

なんとーなく、形になっているので、
中にはピント来た方もいるかもしれません!

これは階段です!
いよいよ階段の施工が始まりました(≧▽≦)

写真は、階段の両側に来る側板』というものです。
いつも階段の上り下りで足が乗る段の板は、『踏み板』といい、
踏み板と踏み板の間に取り付けられた、垂直な板ことを『蹴込』といいます!

このように階段一つをとっても、その板ごとに名称があるんです!

最初に側板を取り付け、踏み板が取り付けられ、
その後、蹴込板を施工すれば、いつも目にする階段の形になるんです。

階段の施工が完了すると、今まで安全ハシゴで昇り降りしていたのが、
今度は、本当の階段を使って昇り降りすることができ、
それまでハシゴだったので2階に上がれなかったお客様も
いよいよ2階を見ることができるようになります!

僕も現場に行って階段ができていると毎回感動しています(≧▽≦)

現場に来て、階段が出来ているとお施主様も皆様感動しています!

この感動をぜひ、皆様にも味わっていただきたいものです!

メールで問い合わせる

現場監督 奥寺立佳のプロフィールへ

関連現場監督|奥寺立佳

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加