諏訪・松本の女性建築士ブログ|未来生活設計

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の女性建築士|土橋千咲ブログ
  3. 注文住宅とお金③|建築費の総額の正しい決め方のはじめの一歩は費用の単語を学こと
家族

注文住宅とお金③|建築費の総額の正しい決め方のはじめの一歩は費用の単語を学こと

こんにちは!
松本、諏訪、伊那地域の工務店エルハウスの住宅コンサルタント、
土橋千咲です。

家づくりにはいったいどんなお金がかかるの?

チラシには「坪単価35万円!」などの言葉を目にします。
「30坪の家だから掛けると1,050万円、消費税を入れても1,155万円が家の値段だね!」
と思われているお客様もいらっしゃいます。

実は建築の金額は実はそんなに単純ではない場合があります。
会社によっても坪単価にどこまで含まれているのか違います。
例えば20坪の小さいお家は同じ坪単価でできない場合もあります。
例えチラシやホームページに金額が書かれていても必ずその会社に聞いてみてください。

建築費の総額の正しい決め方のはじめの一歩は費用の単語を学こと

坪単価に含まれる代表的な物だけでも
・材料費、施工費、仮設工事費、図面作成費、申請費用、保証費用、地盤調査費、
カーテン、照明・・・・

などなどあり何を含んでいる坪単価に設定するのは各会社によって違ってきます。

その他に土地を購入する方はもちろん土地のお金、場合によっては仲介手数料、
その他外構工事や上下水道の取り出しがあるかないか、土地の状態によって違ってきます。

そして諸費用と言われるもの。
登記関係、火災保険、水道の負担金、住宅ローンの手数料や保証料、税金、印紙代などですね。

このよう家づくり全てにかかる費用を「総額」と言っています。

総額に含まれる金額の単語を学ぶことから始めることが大事です

総額の内自己資金をいくら入れるのか、0でやるのか、
月々の返済を逆算して借入金額で足りるのか、足りないのか、
ここを家づくりの最重要課題としてまず取り組まなければなりません。
後から費用が入っていないことに気がつかず、どんどん金額が膨む(このことを不安に思っているお客様がとても多いです)。

どこの建築会社で建て流にしてもそのようにならない為に、
まずは家づくりのお金の知識を得ることが第一歩となります。
知識を持って自分でもきちんと資金計画を理解できるようになっておけば安心して家づくりができますよ!

見学会予約フォームへ

電話で問い合わせる

メールで問い合わせる

 

 

設計士 土橋千咲のプロフィールへ

関連諏訪・松本の女性建築士|土橋千咲ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加