諏訪・松本の女性建築士ブログ|未来生活設計

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の女性建築士|土橋千咲ブログ
  3. 【茅野市・注文住宅】田んぼや畑に家を建てる
畑

【茅野市・注文住宅】田んぼや畑に家を建てる

こんにちは!
エルハウスの住宅コンサルタント
土橋千咲です。

家を建てるには敷地が必要です。
「土地」「敷地」「宅地」などいろいろな呼び方をしますよね。

田んぼや畑に家は建てられる?
一般的に土地には「地目」と言われる種類分けがあります。
宅地、農地、雑種地、森林などですね。
基本的に宅地にしか家は建てられません。というか農地には家は建てられません。
「いっぱい畑や田んぼはあるから家を建てられる!」というと簡単ではない場合があります。
なぜならそこは「農地」である可能性が高いからです。
原村畑

農地にもまた「青地」「白地」といった種類があります。
などなど、簡単に空き地や田んぼや畑に家を建てられないのが実情です。

でももちろん建てることは可能です(可能な場合があります)。

それは「農地転用」をすることによって可能となります。

農家の身内に限ることになるのが一般的ですが、農地を宅地に登記簿の地目を変更するのです。
この手続きはややこしいのですが、私は何度もそのようにして家を建ててきました。

もし、実家に田んぼや畑があってもう野菜やお米を作らない土地であればご両親やおじいちゃん、おばあちゃんに相談してみてください。
土地も家も買う場合とだいぶ資金計画にゆとりができますし、毎月の返済も負担が軽くなります。

そのような土地には分譲地ではかからない費用もかかりますが、土地を購入することと比べるとだいぶコストは軽減します。

今はそば畑。でも4月にはお家が立ちます。
そば畑

私は他のコンサルタントと比べると農地転用の経験が多いように感じます。(偶然なんですけどね)
農転ならつっちーにおまかせください!

見学会予約フォームへ

移住について詳しくみてみる

設計士 土橋千咲のプロフィールへ

関連諏訪・松本の女性建築士|土橋千咲ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加