お客様の声 CASE003

考え抜かれた『シンプルモダン』な家族空間

松本市のTさんのお宅。ご夫婦と元気な5歳の男の子の3人家族です。近い将来ご主人のお父さんも同居されるそうです。すぐそばにホームセンターがあり、生活にとっても便利なお住まい。

随所に垣間見える奥様にやさしい間取り

落ち着いたダークブラウンと白で統一された室内。ワンパクざかりの元気な男の子がいるとは思えない整頓されたお宅。 「みんな収納しちゃってるんですよ。片づけが苦手なんで、パパッと隠せる収納スペースがいっぱい欲しかったんです。(笑)」と奥様。
ご主人が家を持とうと思ってから土地探し、間取りが決まるまで約3年の月日がかかったそう。「とにかく、妥協は嫌なんでいろいろ見学会に行って、参考にしたし勉強もしました。」と、ご主人は言います。
玄関を入ってすぐの和室に、近い将来ご主人のお父さんが同居予定。その部屋から洋間に通じるスペースには、ミニキッチンを置く予定だそう。「おやじが一人でもいられる場所を作りたかった。」そして2階には奥様専用の部屋が。「お父さんの前では、さすがにごろんと横にはなれないですもの。(笑)」とご夫婦。ほどよい距離感で快適な暮らしを作り出しているようです。
他にもキッチンの床暖房や、奥さんの背の高さに合わせたシンクのパネル、うらやましいサイズの家事スペースなど、奥様への思いやりがいっぱいの間取りになっています。

明るい日差しが差し込むリビングダイニング。窓は2枚重ねの複層ガラスで寒さ対策もばっちり。/白で統一させたキッチン。最初はとびらが茶色の予定だったが、奥様のアイデアで白の額縁風に変更して大正解。/ご主人のお父さんのお部屋。落ち着いた和室の先には洋間も。あいだにはミニキッチンを置いてお父さんのプライベートも確保。

玄関は広く、段差も低く、通りぬけやすいいつくりになっている/マガジンラック付きのシンクパネル。市販では高さがあるので、奥様の背の高さに合わせて作ってもらったそう。

食育と環境。エコと機能性を兼ね備えた家

は蓄熱暖房システムを使っているTさんのお宅。夏は自然の風で十分過ごせると言います。計算された間取りの窓からは、さわやかな風が吹き抜けていきます。
階段を上がったところには、洗濯物が干せ、アイロン掛け用のテーブルもある家事スペース。「私が花粉症なので室内に干せる場所が絶対必要だったんです。子どももいっぱい汚してきますし。」と奥様。そばにある洗面もおしゃれ。「ちょっと贅沢な雰囲気にすると、大変な家事も楽しめると思うんです。」
庭には家庭菜園のコーナーが。「子どもと一緒に種や苗を植えたんです。好き嫌いせず食べてくれますよ。」菜園近くの塀は、なんとご主人とお父さんの手作り。菜園の囲いもお父さんが作ったとか。傍らで見ていたボクにもいい勉強になったのでは。核家族の多い今では、親から子、孫へ生活を伝えられる環境はこのうえない贅沢です。
知的なご主人に謙虚な奥さん、人なつっこい将来が楽しみななおちゃん。そして近々同居されるご主人のお父さんとの生活は、こだわったからこそ生まれる心地よい二世帯家族空間です。

戻る |  一覧へ  |  次へ