お客様の声 CASE004

温もりの中のモダンが美しい薪ストーブのある暮らし

薪ストーブのある、スタイリッシュな暮らしをイメージして「くらすの家」を選んだS様。ご夫妻が育った場所にほど近い田園地帯に広い庭つきの家をかまえ、自然とふれあいながらのびのびと二人の男の子を育てています。

ストーブの前で安らぎの一杯暮らしもおしゃれに変化

「私が幼い頃、両親がやっていたペンションに暖炉があったんです。そのせいか、ストーブのある暮らしにずっとあこがれていました。というのは私だけなんですけど」と、奥様を見ながら照れくさそうに笑うご主人。落ち着きのある黒をベースにした外観、現しの梁や無垢の床など、木をふんだんに使った空間が薪ストーブにマッチしていると大満足です。初めての冬を迎える前に試しに薪をくべたとき、木の燃える良い香りに、家を建てた満足感がこみ上げたと言います。
このリビングで過ごすひとときをさらにぜいたくなものにするため、照明にもこだわりました。北欧デザインの主照明のほかに、ダウンライトとスポットライトも取りつけ、気分に合わせて使い分けています。「仕事で遅く帰った夜に飲むときは、スポットライトをつけるんです。お酒がうまいですね」と、スタイリッシュな空間を満喫しています。
うれしいことに、パパが叶えた男のロマンを、4歳の長男も幼いながらわかっている様子。「初めてこの家を見たとき、かっこいい!と言ってくれました。今もときどき〝僕、このおうち大好き〟って言うんです」と、父親冥利につきる言葉にほくほく顔です。

ご主人が長年夢見た薪ストーブのある暮らし。「くらすの家」の高さのある天井、存在感のある梁、仕切りのない大きな空間、家全体を覆う木目の表情と温もりが、薪ストーブのイメージに合ったと言う。炎を見ながら過ごす家族とのにぎやかなひとときと、薪の香りを嗅ぎながら静かに飲む一人の時間が今から待ち遠しい。
敷地面積は約100坪。大きな畑と子供の遊び場を兼ねた広い庭は、薪ストーブのあるリビングと並び、家族の絆を深める場所となっている。窓越しに見る庭の景色も素晴らしい。ワンランク上の使い勝手のいいキッチンに、「ちょっとおしゃれに盛り付けたくなります」と奥様。畑で採れた新鮮な野菜を使った料理にきっと子供たちは喜ぶはず。

よく遊び、よく食べる生きる力は広い庭と食卓から

エルハウスと始めた土地探しの第一条件は、広い庭が取れることでした。理由の一つは、奥様がやりたかった畑仕事のため。「得意ではないので、近くに住む両親に助けてもらいながら」と奥様は控えめに言いながらも、自分で作った作物を家族に食べさせる生活を夢見ています。
もう一つは、子供たちにのびのびと遊んでもらうためです。実際に、この新しい庭でサッカーをしたり、かけっこをしたり、水遊びをしたり、長男はパパと遊ぶ時間が増えました。
「その分テレビを見る時間は減ったみたいです。休みの日は、遊びたくて朝早くに起こしにくるんですよ。今後は、トランポリンを置く予定です」。
トランポリンは、競技スキーをするご主人が、夏のオフトレーニングに使っているもの。直径6m近くあり、それを置くためにも広い敷地にこだわったと言います。「将来的に子供もやってくれたらいいなと思っています。そうやって遊んでいる姿をこのウッドデッキで日なたぼっこしながら眺めていたい」と、楽しい週末を思い描いています。

室内は、自然素材の質感とのバランスを考えながらシックにコーディネート。天井や床のダークブラウンとスクリーンのオレンジ色が薪ストーブのある空間をよりいっそう温かみのあるものにしている。居室の雰囲気と合わせた木目のバスルームも格調高い。

戻る |  一覧へ  |  次へ