諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 入院生活 25日目

入院生活 25日目

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

病院の病棟にいる看護師さん 忙しいそう、本当に感謝の気持ち。 あっ、娘が同業者だから よく目で
言っているわけではない。

入院の経験のある方はわかりますが、個々のベッドのは ナースコールのボタンが備付けられており
そのボタンを押すと、担当の看護師さんの携帯?ピッチ?みたいなところにブザーがなり、そこからの会話と
呼び出しの合図となっています。

満足に食事がとれない方、排泄ができな方から始まり、日常生活が自分でおくれない上に 病いでしょ。 看護師さんの
お手伝いは必須ですよ。

私も点滴などの医療行為でお世話になりますが、 その作業していただいている間に、ナースコールの
呼びだしの音を聞かない事はないんじゃない って位に頻繁になっています。

病で床に伏せていると、また、自分の体が自由にならない状態だと ストレスから わがまま 言いたくなってしまうです。
どこかにあたりたくなってしまうような気がします。
人間、不自由を感じると 普段穏やかな人でも きつくなるもんです。また さみしくもなるかもしれません。

その要因の一つに コロナの流行もあると思うんです。 どこの病院でもそうなんですが、家族においても
面会はできないようにしているんです。 コロナでのクラスターになると 取り返しがつかないですから、徹底しています
故に、お見舞いにくる 知人や家族に会えない、のが 一層、孤独感に落ちいるんではないかと思うんです。
事実そうです、看護師さんともそんな会話をしました。

お見舞いにくる方が多くても、落ち着いて療養できないっていう話も 周囲の患者さんと話をしましたが・・。 真逆のことですね。

でも、満足に起き上がることもできないような患者さんを見ていると、気の毒に感じてしまう、静まりかえりすぎるのも
気持ちが沈みがちになるんじゃないかな って 思んです。 適度な 雑音があるくらいの方が 私は丁度良い、好きなんですけどね。

資金計画個別相談会

諏訪・松本・伊那で新築を考えている「子育て30代3~5人家族のための資金計画」 個別相談会のお知らせ

日程:2023年3月4日(土曜日)〜3月26日(日曜日)
時間:午前10:00~午後16:00
参加費:無料

「子育て30代3~5人家族のための資金計画」個別相談会に申し込む

 

 

社長 池原純一のプロフィールへ
お客様の声
イベント情報

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ