諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 【注文住宅】家づくりで最も重要なこと
長野県茅野市工務店エルハウススタッフ

【注文住宅】家づくりで最も重要なこと

こんにちは、諏訪、松本の工務店エルハウスの池原です。

今回は家づくりで最も『重要なこと』について書かせてもらおうと思います。

家づくりで最も『重要なこと』

私たちは、様々なお客様とお会いします。

間取りに興味がある方、
お家を見ることが好きな方、

又、お家を建てたいから相談をしに来る方であったりと、
実に様々な方とお会いします。

「お家を建てたい」
「いつかは、自分のマイホームが欲しい」
と多くの方が思います。

それでも、残念ながらすべての方がお家を建てられるわけではありません。

ご家族の事情。
お仕事の事情。
金銭的な事情。
いろんな事情、理由であきらめざる得ない方もおります。

人間、生きているとみんなそれぞれ様々な事情、理由を抱えているものです。

それでも、様々なお客様と接して来て分かるのですが。
様々な事情、理由がありながらも、
最後にはお家を建てる事ができる方には共通な事があります。

それは、熱意です。

「一戸建に住みたい」と思う気持ちです。

「自分の夢を叶えたい!」という、思いが大事です。

ほとんどの人が初めは漠然とした思いから始めます。
大きい買い物ですからね。

でも、最後に本当に家を建てられるかどうかの違いは、
「本当に家が欲しい」と思い続けられるかどうかです。
これまでの経験上、仕事の事情、お金の事情、家族の事情などでとても難しい問題を抱えていたお客様でも、
熱意をもって「本当に家が欲しい」と思い続けたお客様は、
ほとんどの方が本当に家を建てていらっしゃいます。

逆に、
「いつか建てたい!」
これが一番ダメです。

客観的に見れば、家を建てる条件がそろっているような方でも、
いつかということでずっと先延ばしにし続ける方は少なくありません。

いつかとは、いつかという事を理由にして、
家を持つ事を諦める理由にしているのでないでしょうか。

似たような話ですと、
いつか結婚したい!という方がいます。

相手からのプロポーズを待っているのか、
出会いを待っているのか。

つまり、自分では決められないから、
「自分は結婚はしない」
という事も決められない。
結婚しないというのも人生の選択肢の一つです。

「いつか結婚したい!」と言いながら、結婚せずにいる人は、
「いつか」という理由をつけて先延ばしているだけです。

住宅も結婚も決して簡単な決断ではありません。
人生の中での重要な決断です。

そして、その決断は自分でしないといけないのです。
他の誰かが決断はしてくれません。
決断がないことには手に入りません。

だから、まずは「本当に家が欲しい」という熱意を持つ決断が大事なんですね。


欲しいものを手に入れるのは自分の意志です

世の中には「偶然」という事もあります。

しかし、偶然を成果につなげるのは自分の意思です。

欲しい物を手に入れるには、自分が決めるのです。

一見、ただの偶然に見えるようなことでも、
実は、単なる偶然ではなく、
その前から自分で決める事ができる想いがあるからこそ、
そこにチャンスがやって来るものです。

サッカーでも、
「偶然、目の前に良いボールが来たので、シュートを決められた」
と言うコメントを耳にしますが。
それは良い選手の謙遜ですね。

良いボールが来る位置に予測して動いていたからチャンスになり、
そのボールが良いボールと感じているだけです。

それは偶然という出来事ではなく、自ら動いたからの結果です。
そこには、自分で決めた意思があります。

家を建てることができた方は、
自ら動きます。
「いつか」ではなく、
「いつまでに」と決める事が大切です。

 


それでも、最初から強く熱意を持つ決断が出来る方ばかりではありません。

まずはお気軽にご相談ください。

エルハウスでは個別相談や住宅見学会、勉強会など、
無料のイベントを随時開催しています。

今すぐ熱意、決断ができなくても、
そういった無料イベントに参加することは簡単です。
まずは、少しずつで良いので、
「自分が家を建てる」
というイメージを持つことが大事です。

ぜひ、お気軽にご参加ください。

イベントに予約する

 

副社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加