諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 諏訪・松本・伊那地域工務店の【家づくり】の始まりは現地調査からはじまる

諏訪・松本・伊那地域工務店の【家づくり】の始まりは現地調査からはじまる

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

建設地は、きれいに整地された分譲地だけではありません。 畑や田んぼを潰しての建築、また、既存建物を壊しての建築もあります。 後者の場合、必ず、現地調査から始めていきます。この現地調査が大変でありながら、これからの建築計画にもっとも重要なことです。

敷地境界については不明なことが多いことから、公図をもとに敷地外周の距離を図っていいます。 公図というものを見たこともない方多いかと思いますが、おおまか(正確ではない)な、敷地の形大きさが記されている 地番しかのっていない地図って感じです。公図のほとんどは。600分の一、或いは500分の一の大きさで表記されています。
公図上で建築予定の大きさを決めるとなると、公図と現地の敷地大きさ、境界間の距離の誤差が少ない場合しかあてはめることしかできないため、現地に出向き境界間の距離を図ります。 で、公図とは違う場合(ほとんど違う)現地の距離を(大きさ)を優先し、現地測量に元づいて建築計画をたてます。

測量事態、家と家の隙間、川と敷地の間、ときには木々をくぐってと、難航する作業がともなうため、長靴をいつも常備持ち歩いています。今回もかなり、難航した土地の調査でした。 狭い敷地ほど念入りの調査必要になり、時間もかかり
また、狭い敷地ほど建築計画に頭を悩ませます。
敷地調査の最後に、私はかならず、道路にたち敷地を眺めることをしています。

この眺めている理由は、この敷地のはどのような建物が似合うのか。どのくらいの規模で、玄関の向きは、屋根の形はど、頭のなかえ思い描くことにしています。

木造住宅なら
諏訪市リアルWEB完成見学会

諏訪市湖南地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会|コロナ時代のゆったりコンパクトという新しい提案|満足かつ安心の4LDKの家

■場所:長野県諏訪市湖南地区
■日時:2020年9月19日(土)20日(日)26日(土)27日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※一対一のWEB見学会か、直接現場での参加かお選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加