諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 諏訪・松本・伊那地域工務店が送る、家のメンテナンスの考え方

諏訪・松本・伊那地域工務店が送る、家のメンテナンスの考え方

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

家を建ててから、今まで、賃貸で掛かっていなかった費用の代表として、固定資産税です。そのほか、地区会費、 あとは、家に関してのメンテナンス費が
あります。 固定資産税は、年月の経過とともに確実に下がっていきますが、メンテナンス費は、ある時突然の出費、または、年月が経ったところで
メンテナンスをしなくてはならなくなり、多額の出費ということになります。
この時の出費については、屋根や外壁の塗装の塗り替えが主になり、高額な出費になりますが、 家を30年、50年維持するためには、必要な工事だと
私はいつもお伝えしています。

今回、申し上げたいことは、 突発的に起こるメンテナンス費を抑えるためのお話です。 機器の故障は避けられないですから、機器自体の長期保証をかける
ことが可能ですから、しかも少額の費用でかけることができますから掛けることをお勧めします

住宅設備機器延長保証

住宅設備機器
延長保証 暮らしを支える充実の保証。
保証期間は選べる5年・8年・10年次は、雨もりなどの不具合です。 当然、住宅には雨がもってはいけません。 ですが、実際には、雨もりのトラブルはなくなりません。なぜ、なくならないのか。 水の進入は思いがけない処から侵入してきます。 経年劣化が原因で雨がもります。当然、施工事体の不備が原因もあります。
この2つしか、原因はないのですが、懸念劣化、施工不備、仮に無料で修繕をしてくれたとしても、雨がもらないことが一番です。
経年劣化であれば、有償の修理になります。 施工不備であっても、施工会社が倒産して存在しない、修理依頼をしてもなかなか来てくれない という
お客様からのお困りの相談を受けます。私が思うところには、施工会社の責任は多大だと思いますが、建築主さん自身にも、建築前に防ぐことぐことの知識をもっていていれば
雨もりリスクを回避できたのでは、と考えています。
私たちはプロですから、プロとして責任施工を心掛けていますが、建築主さんの協力があって理解があっての責任施工とも考えています。お互いにリスクがすくない メンテナンスが必要のない家づくりをお勧めします。 

 

諏訪市構造勉強会

諏訪市湖岸通り地区|リアルORオンライン(WEB)構造見学勉強会

■場所:長野県諏訪市湖岸通り地区
■日時:2020年10月17日(土)18日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※一対一のWEB見学会か、直接現場での参加かお選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加