ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. [南アメリカ] あなたが一番好きなコーヒーの選び方 あなたの好みは、どこの産地で購入すればいいか分かります!

[南アメリカ] あなたが一番好きなコーヒーの選び方 あなたの好みは、どこの産地で購入すればいいか分かります!

こんにちは。
いつも、フローお父さんのブログをご覧の皆様、本当にありがとうございます。

娘のchaと申します。

私自身、ブログの投稿は初心者ですが、ゆるく、お送りしたいと思っています。天使の囁きの程に、どうかお気楽に覗きに来ていただけると嬉しいです。

本日のタイトルは、

あなたが一番好きなコーヒーの選び方 あなたの好みは、どこの産地で購入すればいいか分かります!

今日は、コーヒーを購入する際の参考になればと思い、産地によるコーヒー豆の特徴についてお届けします。

市販の商品の場合、ブレンドされているものが多いと思いますし、これはあくまで傾向・参考程度です。STARBUCKSでお豆を購入するにあたっては、とても参考になると思いますので、もしよろしければご活用ください。

まず、前回までの投稿でコーヒーの味わいの違いを考える際に、コクと酸味があることをお伝えしました。コクと酸味はそれぞれ、

コク(light—-full)

酸味(low—-high)

と表します。

今日のお話は、コーヒーの産地の話。コーヒーが作られるのは、赤道付近の暖かいところです。北回帰線と南回帰線の間のベルトの部分で、コーヒーを栽培しているとされています。

その土地特有の、土壌や標高、天候によってコーヒーの味わいが全て異なってきます。

これから、大きくラテンアメリカ・アフリカ・アジア/太平洋の3エリアに分類して、それぞれの地域で取れるコーヒーの特徴を紹介します。今日はラテンアメリカ編!

まず、ラテンアメリカは、さっぱりとした鮮やかさが特徴。ナッツ・ココアなどを思わせる、バランスが良いコーヒーが多くある傾向にあります。

例えば、コロンビアのコーヒー豆はStarbucksでのキーワードの一つにnuttyがあります。良い意味で、クセがなく飲みやすい。万人受けしやすいコーヒーの味がします。

私自身、スターバックスに入社するまでこの様な珈琲を飲み比べすることなどありませんでしたが、個性的なコーヒーを試飲してからコロンビアの試飲をすると、あれ?!物足りない?!となります。ですが、コーヒー初心者の方や、プレゼントなど相手の好みを選ばず、一番薦めやすいコーヒーです。

ミルクと割ってももちろんおいしいですが、コーヒー自体がとても飲みやすいので、ブラックで一度味わってから、気分を変えてミルクを入れるのがオススメです。

コクも酸味もmediumくらい。バランスの良いコーヒーを求めている方は、産地のところに南アメリカの国々が書かれている事が、一つのヒントになります。

今日はここまで!

次回の投稿までしばしお待ちくださいね😊
よかったらこちらをご覧ください。
https://www.lhouse.co.jp/father/coffee-taste2/
それではまた次にお会いしましょう!以上!

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加