ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 【鉢盛山登山マラソン】朝日村役場をスタート|参加体験記

【鉢盛山登山マラソン】朝日村役場をスタート|参加体験記

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

先日、2018年8月5日(日曜日)
アーリーフレックスタイムを活用して、

【鉢盛山登山マラソン】朝日村役場をスタート|参加体験記

第一回鉢盛山登山マラソンに、参加してきました。
(第一回大会ですし、地元のイベントですし、外せないですよね。。。)

スタート時間は、ゆるく7時。

この時間なら、ひと仕事終えてから、参加できるので、
私にとっては、体にも心にも優しい大会です。face05
言い訳だらけの日常から、鉢盛山登山マラソンが、救ってくれた。。。
* スタート前に集合写真なんか撮る、アットホームですが、face08ガチな大会です。

鉢盛山登山マラソン公式HP

鉢盛山登山マラソンのFBへ

スタートすると、まずは松本、塩尻、山形、朝日のスキーヤーの憩いの場所、
朝日プライムスキー場までは、コツコツとロードを、走っていきます。
(この時点で、かなり暑い。。。)

言い訳だらけの日常から、鉢盛山登山マラソンが、救ってくれた。。。
* 第7集団くらい?で爆走中です。(爆)

ロードがすぎると、今度は林道。
このような林道も、なかなか普段では、走る機会がないものです。
言い訳だらけの日常から、鉢盛山登山マラソンが、救ってくれた。。。
* 林道はこんな感じ。ほとんどが日陰ですが、この日は、暑かったー。icon01

林道をコツコツ登っていくと、登山口があり
最後は、急坂が頂上手前まで続きます。
言い訳だらけの日常から、鉢盛山登山マラソンが、救ってくれた。。。
* ほとんど、垂直かもーと、思いました。。。

頂上までいくと、帰りは、一気に下ってきます。

言い訳だらけの日常から、鉢盛山登山マラソンが、救ってくれた。。。

* 松本マラソンまであと6週間、さすがに、そろそろ倉田君を見習って節制しないとまずいです。face08

終盤は、おばあちゃんにも、応援していただいて
言い訳だらけの日常から、鉢盛山登山マラソンが、救ってくれた。。。
* ところどころで、水浴びもできるのです。

なんとか、制限時間内にゴーーーール。

今回も、たくさんの言い訳が頭の中に浮かびましたが、
本当に出場してよかったと思いました。。。
(やっぱり無理かなを、クリアしました)

追伸
実は、鉢盛山は、私にとっては、近くて遠い山です
(地味なのですが、2447mもある山なのです。。。)

初めて、山頂に行ったのは、前職の積水ハウス時代。
山が好きな当時の上司に連れられて、山頂に登ったことがあるのですが、
写真をみても、

どうやって、登山口まで行ったのか?
どうやって、山頂まで行ったのか? を全く思い出せない。face07
言い訳だらけの日常から、鉢盛山登山マラソンが、救ってくれた。。。
* このころは、毎日、何をどのくらいの量、食べていたのだろーface08

正直、美ヶ原高原(標高2034m)ほど、
有名ではないし、景色はよくないし、

正直、常念岳(標高2858m)や蝶ヶ岳(標高2677m)ほど、
標高が高くないし、景色はよくないし、

何と言っても、山頂までいく道にも、山頂にも人が誰もいなさそうなので
(多分、いないと思います。笑)

ビビリの私には、おそらく、難易度が高く、
今回の鉢盛山登山マラソン大会がなかったら、登っていないような気がします。

特に、今回は、
とにかく、とにかく準備不足
(まあ、準備が整って、出場した試しがないのですが、それにしても、まずいくらい準備不足)

得意の言い訳もたくさん出てきて、
正直、スタートやめようかなぁ〜と思ったのですが、スタートしてしまうと、
やっぱり参加してよかったなと、思ったのでした。

今回は、朝日村の開村130周年の記念事業で行われました。
来年もあるのかな。。。

追追伸
今回も、松島さん、木村さんをはじめ、運営を支えていただいた
地元のたくさんのスタッフのみんさん、本当に、ありがとうございました。
(お疲れ様でした。)

また、カメラマンのハタマチさん、今回も写真を、
ありがとうございました。。。

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加