ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 住宅ローンの審査をする前に確認したい事|借金を怖がる人、怖がらない人その考え方の違いと対策とは?
お金持ちと貧乏

住宅ローンの審査をする前に確認したい事|借金を怖がる人、怖がらない人その考え方の違いと対策とは?

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

今週も望む人生を手に入れるために、住まいのことも検討するために、たくさんのご家族がご相談に来ています。
今日は住宅ローンの審査をする前に考えてほしいことを言語化します。

住宅ローンの審査をする前に確認したい事|借金を怖がる人、怖がらない人

住宅ローンは借金である事は確かなのですが、住宅ローンとしての借金を怖がる人、怖がらない人がいます。
その考え方の違いは何なのでしょうか?その辺を言語化していきます。

住宅ローンを怖がる人と怖がらない人の思考は全く違う

今、コロナさんの関係で、住宅ローンの支払いが困難な人が増えているそうです。
しかし実際に住宅ローンの支払いが困難な人の中でもその対応に違いが出ています。

対応の違いは、情報を知っているか、情報を知らないのかの違いだけなのですが、
情報を知っている人の行動と、情報を知らない人の行動では、その後大きな差になってきます。

今回は、今まさに住宅ローンの支払いに困っている人から学び、
これから住まいづくりをするにあたり、
の住宅ローンの審査の前に考えてほしいことを言語化していきます。

万が一払えなくなった時の対応が違う

まず、借金を怖がる人と怖がらない人では、最悪の状態の対応が違います。
つまり、借金を怖がる人が最悪の状態を考えておらず、
そのような現実が現れたときに、あたふたしてしまい、闇雲に行動してしまいます。

今回も住宅ローンを支払えないことで、住宅を売りに出し、
借金だけが残ると言うような行動をしている人が少なくありません。

これは、情報を知らないことで、また住宅ローンを借り入れする際に、
最悪の状況を考えておかないために、起きてしまうことです。

借金を怖がらない人は、精神論があるとか根性が座ってるとか覚悟があるとかそのようなものではなく、
最悪の状態を考えており、そのような現実が現れた時にも想定の範囲内で行動する。
このような違いがあります

では実際に、住宅ローンを怖がらない人は、どのように行動するのでしょうか?

住宅ローン(借金)を怖がらない人の考え方

住宅ローンを怖がらない人の考え方は、とてもシンプルです。
まず、人生でお金のかかる8つの分野の中で、住まいの優先順位が高いこと。

また、住まいのコストを他人大家さんではなく自分大家さんのために支払うことを決めている人が、
住宅ローンを借金として怖がらない人の考え方です。
また今回のように住宅ローンが支払えなくなったときのシミュレーションもしています。

資産として住宅を購入し、順調な時は自分で借りる

資産として住宅を購入し、住宅ローンの支払いを自分大家さんにしていきます。
順調に住宅ローンの支払いを自分大家さんにしていきながら、

人生でお金のかかる8つの分野のコストをしっかりとコントロールし、
どのような状況になっても稼ぐ力を磨いている人です。

住宅ローンを借りて住まいづくりをしたことがゴールではなく、
人生をよりよく生きていくためのスタート地点であり、

より良い人生を手に入れるために自分を磨き、
資本主義経済の中で稼ぐ力を磨いていきます。

資産として購入した住宅を、不調な時は人に貸し出す

住宅ローンを怖がらない人は、このように住まいづくりをした後も、
日々成長をするために努力を欠かさないのですが、

環境の変化、万が一のときには、収入が途絶えてしまうこともあると思います。
なぜなら、会社の業績は、経営者や役員の力量で決まることが多く、
もしあなたがサラリーマンであるならば、会社の業績までコントロールする事はほぼ不可能だからです。

小さな会社であればあるほど、そのような傾向は大きくなります。
万が一、会社の業績が悪化し、会社からの給料が途絶えるときには、
今まで自分を家さんに支払っていた支払いが、滞ってしまう可能性があります。

そのように、自分大家さんに支払いが滞るときには、
ときには人に住宅を貸し出すことも視野に入れながら返済を続けます。

そしてまた、日ごろ磨いてきた稼ぐ力を発揮できる職場を見つけたときには、
(住宅ローンを支払ってからも日々自分の稼ぐ力を磨いていれば、必ず私たちを必要とする会社は他にもあるはずです。)
自分大家さんに支払うことになります。

最後に

世の中知っているか知らないか、考えておいたか考えておかないかで、
実際にそのようになったときに明暗を分けることがたくさんあります。

住宅ローンもその一つで、住宅ローンの審査を受ける前に、
住宅ローンを借りて万が一の時にうまくいった人の考え方、
うまくいかなかった人の考え方を知っておく事は、
より良い人生を歩んでいく上で、非常に重要だと考えています。

情報弱者にならないためにも、
大事な家族の経営者として、大事な家族を守るためにも、
より良い人生を手に入れるために、共に学び楽しんで生きていきましょう。

TOPページへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

望む人生を手に入れよう|書籍無料プレゼント

WEB見学会に参加する

WEBセミナーに参加する

ZOOMの使い方を見る

友だち追加

 

 

 

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加