ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 住まいの大切さはどのくらい?|住居と家族の関係をこのような時だからこそ考えておく

住まいの大切さはどのくらい?|住居と家族の関係をこのような時だからこそ考えておく

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

2020年前半は、多くの人にとって、生きていく上での優先順位や価値観を、改めて確認する時期になったみたいです。
ここ最近は、望む人生を手に入れるために、過去の住まいを大事にしてきた方の事例や、住まい以外のお金を使う事例を教えて欲しいと、相談される方が増えています。

望む人生を手に入れるためには、お金のかかる8つの分野の情報を仕入れて、より良い人生のために実践していく必要があります。
お金のかかる8つの分野とは、結婚、趣味 、教育、住まい、車、保険、介護、老後の8つの分野です。
今後ますますこれらの分野の情報を手に入れ、優先順や価値観をしっかりと決めて、実践していくことが重要になります。

そこで今回は、望む人生を手に入れる上で、住まいとは何なのか、住居と家族の関係を言語化してみたいと思います。

住まいの大切さはどのくらい?|住居と家族の関係をこのような時だからこそ考えておく

いきなり結論になりますが、最も重要な事は、より良い人生を生きていく上で住まいの大切さはどのくらいなのかを、家族それぞれがそれぞれの立場で、考えることが重要だということです。

特に、家族を持っている人にとって、住居と言うのは大事な概念です。
今までは、仕事が終わって、帰宅してから次の朝までのおよそ12時間から10時間が、住まいで過ごす時間でしたが、新しい生活スタイルで、テレワークや在宅勤務をする人も増えてきています。

そのように考えると、今後ますます重要と家族の関係はそれぞれの家族の価値観で重要な位置づけになることが予想されます。

人生でお金のかかる8つの分野について真剣に考えてみる

望む人生を手に入れるブログでは、今まで過去にわたりずっと、人生でお金のかかる8つの分野について、真剣に考え優先順位をつける価値観をはっきりさせることを提案してきました。

今後、より良い人生を生きていくためには、どの分野でお金を使い、どのような満足感を得るのかをあらかじめ決めておく事は、ますます重要になってくると思います。

大事な事は、正解がないことです。
家族の状況によって、それぞれの価値観によって、どの分野にお金をかけることで満足感を得ることができるのかは、10人いれば10パターンあり、正解がないことです。

住まいは人生でどのくらい重要か?

人生でお金のかかる8つの分野について、住まいは人生でのどのくらい重要なのかがわからないと言う人に、考えてもらうヒントになるようにお伝えしていることがあります。それは、もし収入がなくなった時、もし家族がいなくなったとき、いざと言う時に住まいは、それでも必要か? それとも不要か? と言う質問です。

いざという時、ホームレスで生活していく覚悟があるか?

例えば、会社からの収入が途絶えたときに、住居に対してどのくらいのコストをかけるのか?
例えば、極端な話、住居のない生活をしていく覚悟はあるのか?

多くの人が、サラリーマンである限り、収入をもらい続ける事は、その人の能力にあまり関係ありません。
つまり、収入を会社(会社がうまくいくか、うまくいかないかは、会社のトップで決まります)に依存している限り、当然、万が一のことを考えておく必要があります。

その万が一の時に、授業はどのくらい重要なのかを考える事は、望む人生を手に入れる上で、住まいをどれだけ重要と考えているかの本音がわかる1つの質問になります。

いざという時、家族はどのくらい大事か?

例えば、会社からの収入が途絶えた時に、家族の意見はどのくらい大事にするか?
仮に家族が、住む場所が重要だと言った場合、自分自身は、住む場所が重要ではないと考えた場合、家族と別れてまでも自分の意志を貫くことができるかどうか、家族の意思に反し住居のない生活をしていく覚悟があるかどうか?

少し極端にはなりますが、このような質問も、平治の時に考えておくには、自分自身の後悔のない人生を送るためにシミュレーションしておくには、良い質問になります。

家族を選び、住居を選ぶ人もいれば、自分の信念を選び家族と別れる人も出てきます。
どちらにも、良い悪いはなく、多くの場合はいざそのようになってから、考えざるを得ない状況ですが、平治の時にこのようなことを考えておけば、いざとなった時も、周りの声に惑わされることなく、自分の意思を大事にすることができます。

そこそこ稼ぐことが出来るスキルとメンタルを整えておく

少し極端ではありますが、このような非常事態を考えておくと、多くの人が毎日を大事にしそこそこ稼ぐことができるスキルとメンタルを、日々の生活の中で鍛えておくことが重要であることに気がつきます。

サラリーマンの多くの人が、毎日8時間以上の仕事をしているわけですが、稼ぐことができるスキルとメンタルを鍛えながら、お金をもらっていると言う意識で働く人と、時間をお金に変えていると言う意識だけで働いてる人では、1年後、3年後、5年後では、大きな違いとなって現れると言う事は、よく言われることです。

最後に

2020年前半は、多くの人にとって、生きていく上での優先順位や価値観を、改めて確認する時期になりました。
望む人生を手に入れるためには、お金のかかる8つの分野の情報を仕入れて、より良い人生のために実践していく必要があります。
お金のかかる8つの分野とは、結婚、趣味 、教育、住まい、車、保険、介護、老後の8つの分野です。
今後ますますこれらの分野の情報を手に入れ、優先順や価値観をしっかりと決めて、実践していくことが重要になります。
ともに、どのような人生を歩みたいのかを明確にしながら、望む人生を手に入れていきましょう。

 

TOPページへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

望む人生を手に入れよう|書籍無料プレゼント

WEB見学会に参加する

WEBセミナーに参加する

ZOOMの使い方を見る

友だち追加

 

 

 

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加