ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. アフターコロナ対策|嫌な仕事の取り組み方について|サラリーマンのサバイバル術17

アフターコロナ対策|嫌な仕事の取り組み方について|サラリーマンのサバイバル術17

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

その昔嫌な仕事を義務でしなければいけない時代がありました。
しかし今は多くの嫌な仕事は、機械やAIにとって変わられています。

アフターコロナ対策|嫌な仕事の取り組み方について

しかし今は多くの嫌な仕事は、機械やAIにとって変わられています。
今後ますます嫌な仕事に、しがみつきお金を稼ぐことが困難な時代になっていきます。

そこで今回は、嫌な仕事が回ってきた時に、どのように取り組んだら良いのかをを言語化してみます

嫌な仕事だなと感じた時の対処法

嫌な仕事だなと感じたときにどのように取り組むのか?
今回は初心者レベル、中級者レベル、上級者レベル、マスターレベルの4段階で言語化していきます。

初心者レベル

まず初心者レベルには、3つの取り組み方があります。
それぞれ説明していきます。

徹底的に取り組み乗り越える

初心者レベルの1つ目は、徹底的に取り組乗り越える方法です。
昭和時代の熱血サラリーマンはこのやり方で多くの仕事を乗り越えてきました。

上司から押し付けられたと感じる嫌な仕事にも、
無理矢理にでもポジティブな感情を作りだし、取り組んできました。

このようなやり方で、仕事を乗り越えた人は、
過去を振り返り今あるのは、
あの時の嫌な仕事に徹底的に取り組んで乗り越えた経験があるからだ
と言う傾向がありますが、今の時代にはなかなか難しいかもしれません。

避ける、逃げる

初心者レベルの2つ目は、徹底的にその仕事から逃げることです。
例えば営業の仕事をやりたくないとします。
その場合は営業の仕事はやりたくないと徹底的に逃げます。

昔であれば会社の人事や上司の業務命令は、重い言葉でしたが、
今の時代は無理矢理嫌がるものに、その仕事をさせることができません。

今の時代は本当にやりたくない事は、避ける逃げると言うやり方も、
充分ありかもしれません。

耐えて取り組む

初心者レベルの3つ目は、嫌な仕事に耐えて取り組むことです。
例えば先ほどのように営業の仕事をやれと業務命令があったけれども、
その仕事をやりたくないとします。

その場合に、やりたくは無いのですが、耐えてその仕事を取り組むことです。
その場のやる気は評価されるかもしれませんが、
今の時代は耐えて仕事をして成果の出るような仕事は少なくなってきました。

特に営業職であると、営業をやりたいと言う人がライバルになり、
嫌々やっている人とやりたくてやっている人で、
同じ土俵で仕事をする場合勝ち目は無いかもしれません。

初心者レベルでは3つの対応方法がありますが、どれも一長一短あることになります。

中級者レベル

中級者レベルでは、嫌な仕事が来たとしても仕事の意味を考えないで気にせず
まずはやってみる態度を示すことです。

特に重要なのは、やりたいかやりたくないか、
好きか好きではないかと言うことを考えずに、
仕事の意味を気にしないでまずはやってみることです。

この場合、嫌だと思っていたことが、
実はやってみたらそんなに嫌ではなかったと言うことに、
気がつくことができるケースもあるでしょうし、

やっているうちに、
その仕事が楽しくなってきたと言うこともあるかもしれません。

また、今までできなくて嫌だと思っていた仕事が実はやってみたら、
うまく進めることができ、仕事をしていく上での地震に結びつくこともあるかもしれません。

ただし、嫌な仕事だと気にしないためには、
まずは、その嫌な仕事を思い出し気にする必要があるので、
長期間、気にしないと言う感情が続く場合は、あまりオススメできないかも知れません。

その意味では、短期間まずはやってみる。
そして感情の変化があるか自分自身を観察してみる。
そのような取り組み方が大事です。

上級者レベル

上級者レベルでは、嫌な部分が気にならなくなります。例えば営業の仕事が嫌だったとします。
特に、ノルマがあったり、成果に対するプレッシャーが、嫌だと思い込んでいたとします。
上級者レベルでは、その嫌な部分が気にならないほど、別の部分にフォーカスすることができます。

例えば、営業の仕事といっても、実は、すごく複雑で、いろいろな要素が組み合わさった仕事です。
具体的に、営業で活躍するには、コミニケーション能力が必要です。
またお客様に未来のより良い生活のイメージを伝える言葉の力も必要です。
時間管理術も必要ですし、発想の転換も必要ですし、
人間観察力も、誰よりも学ぶことができ成長することができる仕事です。

仮にノルマや成果に対するプレッシャーといった嫌な部分があったとしても、そのような部分が気にならない位、
自分が興味のある部分に、集中できる人のことを上級者レベルといいます。

マスターレベル

マスターレベルになると、今度は嫌な仕事ほど
自分の人生に活用していくようになります。

嫌な仕事と感じるためには、それができていない、
コンプレックスに感じている、
などの自分に足りないものを感じることができると同時に、
自分の足りないものを感じるためには、
十分に満たされた理想の自分を感じることが必要です。

それ故、嫌なことを感じることができると言う人は、
その分野に置いて、理想の自分像を持っていることになります。

自分から嫌な仕事を見つけ出し、取り組む事はなかなか難しいかもしれません。
だからこそ嫌と感じる仕事が回ってきたときに、その仕事を活用し、
新しい自分を手に入れる、進化成長を手に入れるために活用するのが、
マスターレベルです。

最後に

今後多くの人が嫌だと感じる仕事は、
ロボットや機械やAIにとって変わられていくことになります。

だから、嫌だなと思う仕事は、今後はなかなか自分のところに回ってこない可能性が高いです。

だからこそ、嫌な仕事と感じたときにそれを活用し、
成長に繋げ進化につなげることで望む人生を手に入れることができる人は、
多くの経験を手に入れることになります。

これからの新しい時代がますます楽しみになってきます。

TOPページへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

望む人生を手に入れよう|書籍無料プレゼント

WEB見学会に参加する

WEBセミナーに参加する

ZOOMの使い方を見る

友だち追加

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加