ブログ|諏訪・松本の現場監督が教える家づくりの楽しさ

  1. HOME
  2. 現場監督|奥寺立佳
  3. 【松本山雅】前半戦が終了|ついに監督交代に踏み切る

【松本山雅】前半戦が終了|ついに監督交代に踏み切る

エルハウス 工務の奥寺です!

スポーツの秋です!
今回は山雅オンリーです。

松本山雅 前半戦が終了

6月末から再開されたリーグ戦も過密日程の中、前半戦が終了しました。
21戦を終えた山雅の前半戦の成績は、
4勝7分10敗 得点20 失点35 得失点‐15
順位 20位
一年でのJ1復帰を目指した山雅にとって、とても厳しい結果となってしまいました。

前半戦最後の試合は、ホームで大敗

23日(水)にホーム・アルウィンで行われた前半戦最後の試合。
リーグ初顔合わせとなったFC琉球戦は1-6で敗戦。。。
ホームでまさかの大敗を喫してしまいました。

4戦負けなしだったり、
最近の試合は、先制やリードを許しながらも追いつく粘りを見せ、
勝ち点を積み上げてきましたが、
ホームでまさかの6失点とショッキングな内容となってしまいました。

そして、山雅が決断を下しました。

布監督解任へ

信濃毎日新聞さんの一面にも載っていましたが、
昨日、25日に布監督及び羽田コーチの解任、
そして、柴田 峡 編成部部長がトップチームの監督、
西ヶ谷隆之U-18監督がコーチに就任することが発表されました。
監督・コーチ解任のお知らせ

降格がない特別なルールの今季とはいえ、
山雅は来季を見据えてた判断とのことです。

20位で低迷していたことが大きな要因で
前半戦最後の試合、ホームでの琉球戦の1-6での敗戦が
決定づけたような気もします。

Jリーグ全体を見ても今季、ここまでに監督交代をしたのは、
山雅以外にJ1のヴィッセルやJ3の岐阜しかありません。

昨年まで監督を務めた反町監督での体制が8年と長かったので、
その後任として今年は育成と結果の両立が求められ、難しいことは難しかったと感じます。

布監督へ

布監督、半年間という短い間でしたが、ありがとうございました。
満員のアルウィンで布監督の後押しが出来なかったのが残念で、
また、その雰囲気を布監督に見せられることが出来なかったのが、心残りです。

5連敗していた時も布監督の解任を求める声が上がっていましたが、
私個人としては、長い目で見て、育成を重視する布監督を信頼していました。

なによりゴールが決まった時の笑顔がとても素敵でした。
なので、今とても寂しい気持ちでいっぱいです。

しかし、次の試合はすぐにやってきます。

後半戦最初の試合は、徳島ヴォルティス

このあと19時からのキックオフです。
ヴォルティスは、13勝4分4敗で2位につけています。

好調の要因は、なんといっても数字が表しています。
失点は17失点でリーグ最少
また、得点も35とリーグ最多タイです。
攻守ともにスキのないチームです。

5連戦の3戦目であり、山雅にとっては長距離移動となるアウェイ
しかし、後半戦の戦いに弾みをつけるためにも欲しいのは、勝利、
勝点3です。

おー松本 どこへ行っても 俺たちの街へと 勝利を持ち帰ろう

現場監督 奥寺立佳のプロフィールへ

関連現場監督|奥寺立佳

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加