お知らせ

  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 2位は収納の失敗、では1位は?家づくりで多くの人が失敗し後悔するBEST3大発表
家施工事例

2位は収納の失敗、では1位は?家づくりで多くの人が失敗し後悔するBEST3大発表

誰しも避けたい家づくりの失敗。
おそらくは一生に一度の家づくりなら、後悔しない、本当に満足できる家を建てたいのが、当然だと思います。

私達も、お客さまがあとになって後悔することのないよう、プランの段階でじっくりと、お話をうかがって図面を作っています。

ただ、どうしても、図面を見て想像したのと実際に建った家とでは、イメージに少しのズレが出てしまったりするものです。(もちろん図面通りに建てたとしても)

特に多い失敗が、インターネットや雑誌で繰り返し特集されていますので、ここでまとめてご紹介しましょう。

失敗のBEST3は?

後悔している人が多いBEST3は以下のものだそう。
1.配線の失敗
2.収納の失敗
3.広さの失敗

ひとつひとつ見ていきましょう。

1.配線の失敗

配線

これは「コンセントやスイッチの使い勝手が良くなかった」ということです。

キッチンに、ミキサーやジューサーなどの家電を使うためのコンセントがなかったり、照明のスイッチが生活動線に沿っていなかったり、リビングや廊下のコンセントが足りなかったり、高さが合っていなかった、などなど。

掃除機がけなどの誰でも使う家電の場合は、私達アドバイザーでもご指摘できますが、ステレオやプロジェクターなど、趣味の家電はどこに置いて使いたいか?を事前にしっかりシミュレーションすることが大事です。

2.収納の失敗

収納

これはわかりやすいかと思います。
使うもののしまい方をよく想定して、部屋がもので溢れないようにしたいところ。

こちらも、どんな家庭にもあるものの収納法は、わかりやすいのですが、スポーツ用品などの趣味の道具は、工夫が必要になります。

経験豊富なアドバイザーなら、過去の経験からたくさんのケースをうかがっていますので、「どうしたらいい?」にお応え可能です。

3.広さの失敗

広さの失敗と言っても、必ずしも「狭かった」だけが後悔の元とはかぎりません。

「広すぎる」と、冷暖房の効率が悪くなったり、掃除の手間が大変になったりもします。
単純に大は小をかねるとはいかないもの。

バランスを見出すのは難しいかもしれませんが、図面に予定する家電のサイズを書き込んだりしながら広い?狭い?をイメージしていきましょう。

どれくらいなら狭く感じるか?などは、人間工学的に測れる部分もありますので、インテリアコーディネーターに相談すると、最適なサイズが見えてきます。

エルハウススタッフ
※エルハウスのスタッフは優秀です!何でもご相談下さいね。

このBEST3以外にも、明るさ、温度、湿度、内外の視線、音、ニオイ、動線などなど、いろんなパターンの失敗があります。

土地の場所、形状とも絡んできて、どうすべきかはケース・バイ・ケースで変わるもの。
ご自身でもイメージしながら、アドバイザーやコーディネーターを活用していきましょう。

いかがでしたか?
家づくりでの疑問、質問いつでもエルハウスにご相談下さいね。

資料請求する

最新イベント情報はこちらへ

お知らせ

お知らせ一覧