諏訪・松本の女性建築士ブログ|未来生活設計

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の女性建築士|土橋千咲ブログ
  3. 【茅野市・原村】田舎に移住を考える理由①3密を避けて安全な場所に住む
くらす景色

【茅野市・原村】田舎に移住を考える理由①3密を避けて安全な場所に住む

こんにちは!
エルハウスの住宅コンサルタント
土橋千咲です。

景色が最高の田舎の家で1日テレワーク体験!
原村にエルハウスの田舎暮らし体験ができる
「くらすの家」
という建物があります。
そこには畑や池やガレージ、ウッドデッキがあり眺めは最高!
八ヶ岳が目の前に広がり、見渡すかぎりのどかな風景が広がっています。
くらすの家

くらす景色

コロナによるステイホームで「家」に求めるニーズが
変わってきています。
今までハウスメーカーを始め必要以上な性能値にこだわり、
家を建てる基準がUA値が0.01低いとか、C値が0.02低いとか
なんのための数値なのか理解していなくてもとにかく性能値!という
風潮が長く続いていました。
ある意味平和だったのだと思います。

コロナを通し多くの人がステイホームというGWを過ごし、
3密状態のアパートやマンションに不安を持った方も多いと聞きます。
テレワークで仕事がある程度できる環境(インターネットやインフラ)があれば
わざわざリスクを負って都会の3密にいる必要性を見直す人達も
確実に増えています。

4月ころから東京、大阪からのお問合せがびっくりするほど
増えています。資料請求も毎日のように申し込みがあります。
くらすの家をご案内する機会も増えました。
先日もそこでお打合せさせていただきましたが、時間がゆったりと
流れて2時間以上お話してしまいました。

命を守るための家本来の意味を都会から問い合わせをいただく
お客様から見つめなおす機会をいただいていると強く感じます。

私も今はテレワーク中です。外の様子に目をやりながら
仕事をするのはとてもリラックスしていいアイディアが沸きます。

在宅勤務でせまいアパートにいる方がストレスだという方は、
くらすの家で1日田舎の家でテレワーク体験してみてはいかがでしょうか?

田舎でテレワーク体験!

お問合せ
エルハウス 0266-71-2410

メールで問い合わせる

1分で資料申し込み

設計士 土橋千咲のプロフィールへ

関連諏訪・松本の女性建築士|土橋千咲ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加