諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 諏訪・松本・伊那地域工務店の未来間取りのアドバイス

諏訪・松本・伊那地域工務店の未来間取りのアドバイス

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

5人家族、子供さん3人では、どういう間取りがいいのか? 子どの部屋は3部屋つくるべきなのか。ということに
ついてですが、結論を先に申しあげると、やめておいたほうが。 です。
3部屋は不要です。と言いたいところですが、それは、それぞれの親御さんの考えもありますし、お子さんの年齢も関係してきますから、断定はできないですが、3人の子供を育てた私の経験からは、3部屋は不要と思います。

子供に1人1部屋を与えたいという気持ちはすごく理解できますが、子供さんは成長するもの、やがて家から出て一人暮らしをする可能性のほうが多いです。社会人になっても自宅から通勤などするかもしれませんが、所帯をもてばどうでしょうか。家づくりは、今の現状、生活スタイルだけを考えるのではく、20年、30年先まで見越して考えることが必要です。

我が家の場合、新築した当初は4人家族でした。 3番目の子供?意識はしていませんでしたが もしかして?という
ことは想像できました。そこで、子供部屋は 12畳間の続き部屋(中の間仕切り壁はなし)に、入り口2つ、収納を
2つ作りました。 そして、問題の3番つめの部屋ですが、主寝室からのウォークインクローゼットを嫁が希望しましたが、あえて、そこは独立した納戸としました、納戸のなかに収納も一つ作りました。

主寝室は、ウォークインクローゼットがなくなった分、従来から使っていた、タンス、収納家具を持ち込みました。
3つ目の部屋を、納戸として使用していまししたが、3番目の子供が誕生し、その部屋を子供に納戸から明け渡しました。そして、子供が巣立ち再び納戸へ、そして 主寝室にあったタンスを納戸にいれ、と、一時的に、目的が違う用途の
部屋を用意したことから、乗り切りました。

将来の家族設計、もしかして両親を迎えるかもしれない、子供が戻ってくるかもしれない、そのような想像をしながら
間取りを考えてみてはいかがでしょいうか。

塩尻市家づくり無料勉強会

塩尻市|リアルorオンライン(WEB)家づくり無料勉強会|550万円得する家づくり勉強会

新型コロナウィルス感染予防対策として、オンラインでも勉強会にご参加いただけます。

■日時:11月8日(日)13:30~16:00
■場所:
・塩尻市えんぱーく市民交流センター 会議室305
・オンライン受講
■参加費:無料
■募集人数:4組様限定
■講師:池原純一(住宅コンサルタント)・福田健哉(住宅コンサルタント)

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加