諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 空き地を売り地に変える方法

空き地を売り地に変える方法

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

土地を探していると、売地の看板が立っているのはよく見かけます、売地の土地情報は、ほとんどの物件がネットの土地サイトに掲載されています。数年前は、掘り出し物ではありませんが、単に不動産屋さんがネットを活用していないケースがあり新聞広告に掲載するだけで、掲載を出す不動産屋さんはまだ良いのですが、掲載すら出さずに
店頭に貼り出すだけという不動産屋さんも、ありました。

以前、一人で切り盛りする不動産屋さんから、ネットに掲載するもの費用が発生をする、後継もいるわけでもないので、知人、近所から頼まれて扱っているだけで売れても売れなくもいいよ。費用をかけてまでも・・。と、おしゃっていました。 売れるときは売れるからね。このような不動産屋さんも引退されて閉めていくことが多いことから、必然となくなっているのではないかと思います。

近所など歩いていて気がつくのが、空き地です。 売地の看板も立っておらず、畑などもやっていない状況の草むらの
ような土地を見かけることがあると思います。また、先日まで家が建っていたが取り壊されて更地の状態がしばらく
続いているという土地もあります。

このような土地は、もしかして? 売却してもらえるかも という可能性がります。
一般の方は、この土地をどやって売却してもらえるのかというきっかけの手段がわからないので、地主さんとの
きっかけがないと話もつながくことができません。
きっかけは簡単です。地主さんを見つければ良いのです。 全国、どこでも 法務局に行けばそこの土地の所有者を
調べることは可能です。
ですが、ここの土地が買う側からしてみると、買うことができる土地なのか、家を建てることができる土地なのか
を見極めなければなりません。ここからが 一般の方では判断がしづらいはずですから、このあたりからプロの
力を借りた方がい良いです。
でも、不動産屋さんに相談をしにいってもいい顔はしてくれないでしょう。そうなんです、土地を扱うプロなのですが、地味に調べていくことになりますので正直、面倒ということでしょうね。
(もちろん、全ての不動産屋さんとはいいませんが)

売り地であるかもしれないが、売っていることがわからない。また、将来は手放しても良いかなと思い放置されていた土地、もしかして、皆さんの周りにある空き地が手に入るかもしれません、
方法は?どうすればいいのか? 不動産屋さんではない私たち 建築会社、工務店は親身に相談に載ります

塩尻市家づくり無料勉強会

塩尻市|リアルorオンライン(WEB)家づくり無料勉強会|お金を増やせる家づくり勉強会

新型コロナウィルス感染予防対策として、オンラインでも勉強会にご参加いただけます。

■日時:2021年4月25日(日)13:30~16:00
■場所:
・塩尻市 えんてらす会議室203
・オンライン受講
■参加費:無料
■募集人数:定員5組様
■講師:池原純一(住宅コンサルタント)・福田健哉(住宅コンサルタント)

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415

 

 

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加