諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 住宅ローン控除  0.7% 13年間 

住宅ローン控除  0.7% 13年間 

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

住宅ローン控除は受けない、利用しない

現在、住宅ローン控除は 13年間 毎年のローン残高にたいして 0.7%の額が控除されます。
昨年、13年間の控除期間が10年に短縮( 以前の期間)戻されると言われていましたが、結果は、期間は変わらず、控除率が 1.0%が0.7%と、縮小されました。

この要因は 住宅ローンの利息にたいしての「逆ザヤ」を解消するためです。 ローンの利息より控除額が多くならないようにしました。
住宅ローンの金利が 控除率 0.7%以下で組むと 返ってくる税額が多くなることです
金融緩和によって超低金利の住宅ローン商品が多数ありことから 見直すことになったのです

控除率が縮小されたことで、マイナス要因は全ての人ではありません。年収によって、年収が高い方にはマイナスの要因 「逆ザヤ」でしたが
年収が低い方には 13年間の期間のままでしたので、「逆ザヤ」にならず、プラスの要因です

借入をせずに、自己資金で家を購入、建てることができる人が 住宅ローンを組み控除を受けた方がいい とも言われていますが
これは、住宅ローンの金利により変わります。

住宅ローン金利が 控除率  0.7%を上回っていれば 要 注意してください。  自身の所得税、住民税確認をし、控除額とを計算してみてください。ですが、必ず 控除期間が終わった時点で繰上げ返済をすることです。

超低金利時代ですから 借り入れをして 手元に資金を残しておくことという考えもいいのですが、 借りた金利が控除上回って終えば
元もこうもありません。 手元に残した資金で運用(投資)に回す と考えれば 住宅ローンの金利で投資資金が調達ができるという見方に
もなります。

 

平屋の間取り個別相談会

茅野・諏訪・原村・富士見・塩尻・伊那・南箕輪で新築する「平屋の家の間取り」 個別相談会のお知らせ

日程:2022年8月1日(月曜日)〜8月28日(日曜日)
時間:午前10:00~午後16:00

「平屋の家の間取り」個別相談会に申し込む

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加