諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 住宅の玄関サイズの謎?

住宅の玄関サイズの謎?

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

注文住宅、図面の企画で決まっている間取り、どちらも玄関の大きさについてあまり意識されていないのでは?
と思いました。
玄関といえば靴を脱ぐスペースであり、玄関ポーチといえば 家に入る前にドアを開けるスペース。日本の住宅の
ほとんどが 開きドアであれば外開きなはずです。大抵の玄関ポーチは 地面から30センチくらいの高さの位置になりますから、階段が1段ないし、2段登っての水平面になります。 この時に開くタイプの玄関ドアでしたら、
ドアを手前に開けたときに 自身が1段下に降りなくても開ける奥行くを確保する必要があります。

玄関ドア幅が、910mmの間に設置するサイズでしたら、水平面の最低奥行き寸法は1200mm理想は1300mmです。
これ以下の奥行寸法ですと、特に手荷物をもっていたときなど、足元が階段あるいは、地面に降りる格好になりますので、使用しづらくなります。

玄関内側、つまり室内側ですが、ここは玄関ドアの開くことは考慮する必要がありませんで、使用しづらい奥行き寸法はありませんが、私の経験から、広すぎても、狭すぎても使いづらいだろうと思います。
ただし、収納を置くことや、シューズクローク(収納どま)を設けることから、最適な奥行きが決まってきます。

狭いサイズ 奥行く910mmですと、複数脱いだ靴が並んでいた時には、靴が邪魔になり使い難いはずです。
大きいサイズ奥行き1820mmですと、玄関ドアをあけて ホールに上がるまでに3歩位歩くようになり
不便といえば不便ような感じです。慌てて家の中に入ることはないから、そのくらいと思いますが、距離感から
言えばその奥き行くは必要なの?と思います。 無駄に広いと言ってしまえばその通りなのですが、靴の脱ぎ履きに
スツールを置く、ベンチを置くならば このくらいの余裕があっていいはずです。特にロングブーツなど履かれる女性など、腰をかけるための場所があると便利です。
また、年老いた時にも、スツールがあると屈み込まずに靴の脱ぎ履きができることから 広めの玄関でもいいでしょう。
というわけで、キッチンの大きさやリビングの大きさ、収納の数などを気にされて希望をおっしゃる方が多い中、
意外に玄関の大きさについてはピンときておられないのか?と思いました。

通常とは言いませんが、建築物の大きさを気にされているのであれば、小さく削っても支障がないのが、ホールやローカのサイズ、次は玄関の大きさになりますから、私が設計する時には、ホール、ローカは最初から小さめを意識し
玄関の奥行き寸法は、1350mmとし、玄関ポーチの奥行くは 1515mmあるいは1820mmを基本として設計をしています、そこから玄関への使用仕方、要望をお聞きしてサイズを変更します。

実は、玄関部分は 必ず建物の外周面に位置することから 途中で寸法の変更を余儀なくしても全体への間取りには
さほど影響がないので、間取りの優先順位とするとサイズ的には低いのです。ですが、間取り位置からみた優先順位は一番高いのが玄関です

松本市小屋北地区完成見学会

松本市小屋北地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会|人生100年時代に伝えたい、今も5年後も30年後の生活も考え抜いた完全自由設計の家を公開

■場所:長野県松本市小屋北地区
■日時:2021年5月8日(土)~16日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※直接現場での参加か、一対一のWEB見学会か、お選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

 

 

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加