諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 諏訪・松本地域で【平屋】を建てるときには

諏訪・松本地域で【平屋】を建てるときには

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

マイホームを考えたときに、真っ先に思い描くのは、家の形、デザイン、機能でもなく、平屋か2階建を決めなくてはいけません。大半の方が2階建ての家を建てている訳ですが、平屋もいいかな。と 少しは思っていたのではないでしょうか。
平屋にメリット デメリットについて 整理していきましょう。

メリット

高齢になっても不安いらず

階段がないことで、 足腰が弱ってきたときには、部屋から部屋の移動が楽になる。また、収納、納戸、重い荷物など階段を上がりしまう必要性がないことから、出し入れがしやすい。運びやすい。引っ越し計画で、大きい家具搬入が安易にため、部屋に持ち込めるのか?階段が通れる?などと心配ごとが不要になる。

面積、間取りは有効

階段部分につかう面積が不要になり、その部分を書斎や、納戸に変えるなどへのスペースが取れる。

コミュニケーション

リビングと個室がドア一つ隔てた間取りになりやすく、日常生活において家族間での顔を合わせる機会が増える。リビングに、個室にいても、お互いの気配を感じやすく、どことなく安心した安らかな気持ちになりながらも、自分の時間を保つことができ、家族の一体感を味わえる

頑丈、丈夫

2階建てにくらべ、家の重心が低くなることから、しっかりとしたバランスがとりやすく、一つの柱で支える力の負担が軽減され、また、屋根の重みも分散されることから、バランスをみても安定している。家全体の荷重をからみても、広いに面積で荷重されるため、2階建てと比べて、荷重が分散されている。

メンテナンス

高所となるメンテナスを考えると、足場という大掛かりの仕掛けがいらず、簡易的なメンテナンスでは、脚立での作業が可能であり、足場という組むという費用がかからない。内部からみても階段部分は吹き抜けということとなり、天井へのメンテナンスや、高所でのメンテナンスを考えずに済む。

 

デメリット

 

土地の広さ

平屋では、ある程度の敷地の面積が必要となることから、土地の面積が大きい=土地価格が高くなる。狭小地では、もちろん、部屋数はもちろん、家全体の大きさがコンパクトにせざるおえない。建築基準法の、建ペイ率、容積率から考えても土地の大きさの関係から、建てられる家の面積が、2階建てくらべ減ってしまう。

コスト高

基礎というコンクリート部分の面積、’そして屋根の面積を大きくなるために、工事費が高くなるために、家自体の価格が高くなる。階段がないので、安くなるのでは?と思われがちですが、階段一個分より 基礎、屋根を作ることのほうがコストがかかる。

陽当たり

家の中心部を考えると、周囲が部屋などに囲まれてしまう間取りが多く、家の中心部に窓からひかりを取り入れることが難しく、同時に家中に風の抜ける間取りも作りにくい。 これを補う為に、天窓や中庭を設けるような工夫もできるが、通常ではない工事を行うことで建築コストが上がってしまう。

災害から逃れにくい

最近多い、水害。 川の氾濫から考えると、2階に逃れることができたことで命を落とさないで済んだというケースもあるだろう。自宅ないでおいて、高台に避難するということができない。 裏山からの土砂崩れを想定した場合でも、1階で就寝していたことで、土砂流入から逃れることができずのみこまれてしう、可能生もある。

プライバシー

コミュニケーションが取りやすい反面、プライバシーという面では、不利になる間取りになりやすい。

■場所:長野県塩尻市広丘地区
■日時:2020年6月27日(土)28日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※一対一のWEB見学会か、直接現場での参加かお選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

あなたの住みたいお家はどんなお家?エルハウスで建てられる「お家の種類」

 

副社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加