諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 諏訪・松本・伊那地域工務店の素敵な家づくり

諏訪・松本・伊那地域工務店の素敵な家づくり

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

いつかは、と。人は先々の希望、夢があるからその日、その日1日を過ごすことができます。先のことを考えている人、明日があるからと考えないで淡々と過ごす人、もし、最後の日が決まっていたら
どう行動するのだろう。おそらく、これをやって、それまでにこういう風に過ごそうなど考えるのではないかと思います。

先日、遠方に暮らす一人暮らしのお母様の家を建て替えたい、と相談をうけました。
親御さんの事が心配なところから、傷んだ実家を最後はどうしようか? という思いもありながら、本質は
小さいときから暮らした実家が好き ということでした。 実家の敷地は、団地の一角にありますが、団地のなかでも一番端にあり、他の家々は真四角で区画整理された整形された土地ですが、団地の端ということもあり、敷地は三角形の形でいびつ です。
この、いびつながらも、端に位置する立地がよくてまた、窓から眺める北アルプスの山々、特に常念岳の風景が気に入っている点だと、お話をききました。

もうひとつ、この地へのこだわりの本質は、亡くなられたお父様が苦労して手にいれた土地ということでしう。当時、村で売り出し分譲された土地で応募者の中から抽選により手にいれることができた貴重な土地でした。また、用水路、道路にも囲まれ、敷地境界線の問題、水路へとの関わりなど、お父様は常々、事情を話されていたそうです。
私も同じ経験をしています。 6年前に他界した父は、毎回、毎回、家の前の道はどうだ、隣の土地とはこういう約束だったとか、俺が死んだら・・。と、ほんとに何回も聞かされていた、その光景が蘇りました。

親の思い、子供が困らないようにと伝えてきたことが、残っている実家をなんとか維持していきたい、あげたい。
そして、自分の子供へ引き継いであげたい、という気持ちになられているのでしょう。

故郷をでられて30年あまり、自然がたくさんある思い出の場所、故郷で、親が苦労した土地を引き継いで住む、
こんなに素直なきもちを持たれているかたの、家づくりをお手伝いさせて欲しい、改めてと思いました。

 

諏訪市リアルWEB完成見学会

諏訪市湖南地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会|コロナ時代のゆったりコンパクトという新しい提案|満足かつ安心の4LDKの家

■場所:長野県諏訪市湖南地区
■日時:2020年9月19日(土)20日(日)26日(土)27日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※一対一のWEB見学会か、直接現場での参加かお選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加