ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 家を建てる時に夫婦喧嘩が深刻化しないために気をつけること

家を建てる時に夫婦喧嘩が深刻化しないために気をつけること

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

新築をするときに、夫婦喧嘩をしてしまった。
そのようなことを、聞いた事はありませんか?

夫婦仲を気にしすぎて、夫婦の意見を言わないことがあまり良いこととは言えません。
アパート住まいのときには、気にならなかった住まい方が、新築を検討するときには、気になる事はよくあることです。

結論から言うと、家を建てるときに夫婦喧嘩は、100%あります。
これを避ける事は、できません。

家を建てる時に夫婦喧嘩が深刻化しないために気をつけること

繰り返しになりますが、家を建てるときに、夫婦喧嘩をなくすことはできません。
むしろ、家を建てるときには、夫婦喧嘩をされた方が、後々の家づくりの後の新しい生活では、より良い生活になることがわかっています。

しかし、夫婦喧嘩が深刻化してしまうと、望まない人生を歩むことになる場合もあるかもしれません。
そこで、家を建てるときに夫婦喧嘩が深刻化しないために気をつけると良いことを、言語化します。

99%の夫婦は意見が合わない事を知る

まず重要な事は、99%の夫婦は、家づくりをする時、意見が合わないことを知っておくことが大事です。
これは、夫婦で環境が違い、状況が違い、立場が違うことによって、それぞれ求める家のあり方が違うからです。

家づくりをする時、遠くの人が、夫婦仲良く意見があって話が進むことを当然のように思っています。
しかし、長年の経験から、そして自分自身の経験からしても、家づくりの時に夫婦の意見が合う事は100%ありません。
もし夫婦の意見が合うとすれば、それはどちらかが合わせているか、どちらかが無理している日なのです。

ですから、99%の夫婦は家づくりの時に意見が合わないものである。
そして少しでも意見があった場合は、お互いがわかりあえてよかったと思う。
まずは、この考え方をスタート地点にすることが大事です。

夫婦の意見が合わない時の3つの解決策

その上で、家づくりの時に、夫婦の意見が合わないときの3つの解決策を言語化していきます。
この解決策を知っておくことで、多くの人が家づくりを通じ、望む人生を手に入れていくことになります。

間取りは家に長い時間いる人の意見を優先する

家づくりにおいて、どのような間取りにするかはかなり重要です。
そして、間取りは、家に長い時間いる人の意見を優先することを、ルールにします。

例えば、男性が会社にいることが多く、女性は家にいることが多いとします。
そのような場合は、間取りについては女性の意見を優先すると良いでしょう。

例えば、コロナさん時代により、男性がリモートワークで、家にいるケースが長くなったとします。
その場合はリモートワークに関する間取りは、男性の意見を優先するものとします。

例えば、キッチンに立つ時間が男性が長かったとします。
その場合は、男性の意見を優先するものとします。

長い時間使う人の意見を優先することが、一つ目のルールです。

かける費用はお金を稼いでくる人の意見を優先する

次に、家づくりにかかる費用は、お金を稼いでくる人の意見を優先します。
例えば、男性と女性が共働きしている場合は、2人が意見をそれぞれ出し合い、その折衷案で間取り作りをしていきます。

例えば、本来は間取りでやりたいことがあるにもかかわらず、お金を稼いでくる人の意見を優先すると、それが実現しない場合は、やりたいことを実現するために、お金を稼いでくる人に加わります。

かける費用は、お金を稼いでくる人の意見を優先する目的は、お金を稼いでくる意見の人が尊重されるわけではありません。
お金を稼ぐこととお金を使う事はセットなので、かける費用を実現するためにお金を稼ぐことをイメージすることで、本当にその費用をかける必要があるのかを、体感的にチェックすることが目的になります。

勉強をしている方の意見を優先する

ランニングをやりたい時は、ランニングを普段からしている人の意見を優先します。
筋トレをしたいときに、ランニングをしている人の言うことを聞いてはいけません。
筋トレをしたいときには、筋トレをしている人の意見を聞くことになります。

同様に、何かを決めるときには、その事柄についてより深く勉強している方の意見を尊重します。
例えばキッチンについて男性が勉強しているのならば、男性の意見を優先します。
例えば、家のデザインについて、女性が勉強しているのならば、女性の意見を優先します。

最後に

家を建てるときに、多くの夫婦が夫婦喧嘩をします。
しかしそれは、それまでの望む人生を手に入れるための価値観を、再確認することであり、新しい生活に向けて、新たに優先順位を決めていくことにもなります。

家を建てるときに、夫婦喧嘩をしない夫婦は99%いません。
お互いの意見をぶつけ合い、望む人生を手に入れていきましょう。
今回の3つのルールも、参考になるならば活用してみてください。

 

TOPページへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

望む人生を手に入れよう|書籍無料プレゼント

WEB見学会に参加する

WEBセミナーに参加する

ZOOMの使い方を見る

友だち追加

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加