ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 住宅コンサルタントの福田さん
  4. 象が道を歩いている国、ボツワナ。

象が道を歩いている国、ボツワナ。

こんにちは、エルハウスの福田です。
先日は勉強会でした。ご参加いただいたみなさまありがとうございました。
より分かりやすくなるよう、今後とも頑張っていきます。

突然ですが、不定期連載で、昔の旅していた頃の話でも書いてみようかなと思います。
今回はボツワナの話でも。

アフリカ象のパラダイス、ボツワナ。

はい、日本人でボツワナに行ったことのある人はほとんどいないでしょう。
でも、アフリカ象が世界で一番たくさん住んでいる国がボツワナです。
チョベ国立公園という広大な地域に象がいっぱいいます。

象は本当に危ない

なので、道路にもこんな具合で、
「象が出るから気を付けてね」
という看板が出ます。

国境を越えて入る時にも、入国管理官のおばちゃんに、
「あなた、自転車でボツワナに入るのはすごく危ないのよ。象が出るのよ」
「生で象が見れるのを楽しみにして来たんだ!」
「象はすごく危ないのよ。ライオンより危ないのよ」
「ライオンも出るの?」
ライオンは昼は大丈夫だけど、夜はすごく危ないわ」
なんていう会話があります。

国立公園エリアの中の道を走っていると、本当に野良猫感覚で象が発生します。
主要国道なのに、国立公園のど真ん中を走り続けます。
本当に危険なので近付くなどできませんし、望遠レンズがないと写真も撮れません

象は本当に怖いです。サファリのランドクルーザーでさえ象に襲われると、絶望的です。
象の怖さは、柵なしで生の象に接しないと分かりにくいのですが、
すごく速くて大きくてパワフル、いうなれば新型iPhoneみたいなものです。
象が道端でぶらぶらしているときは、別の車が来てくれるのを待って、その車の影を走らせてもらいます

ちなみにボツワナの人は基本的に優しいので、
「おい、大丈夫かい?危ないよ。乗っていくかい?」
とほとんどの人が聞いてくれます。
でも、自転車で走ることにこそ美学があるというか、
自転車で走るためにアフリカに行っているので、自転車で進みます。

実際、自転車でボツワナに入る人はあまり多くないです。
とても危ないので、おすすめしません
でも、自転車でリアルサファリが出来るので、個人的には命知らずな若い時代には強くオススメします。

ボツワナは村での野宿が楽しい

ボツワナが面白いポイントとしましては、まず象ですよね。

そして、村が少ないです。
大半が国立公園です。
たぶん、象の方がたくさん住んでいます。

そして、安宿がないです。
村が少なくて遠いので、地元住民が使うような宿ってあまりないらしいです。
地元住民は別の町に行くときには知り合いの家に泊まるとかするようです。
ただ、観光地なので、高級リゾートホテルはあります。

なので、野宿するのですが、村の外で野宿すると間違いなくライオンに食べられます
ライオンは夜行性なんです。

高級リゾートホテルの中庭みたいなところで1000円くらいでテントを張らせてもらえることもありますが、
基本的には村の誰かにお願いすると、警察の裏なんかで野宿させてもらえます

なので、結構、地域住民と話す機会になるので楽しいんですね。
子どもたちと遊ぶと楽しいです。

村と村の距離が離れていて自転車なんかで移動する人はいないので、自転車って本当に珍しいので話は弾みます。

基本的には何もないです。
写真の左側はアリ塚ですね。
次の町まで150㎞とかになることもあるので、結構大変です。
普通の国ですと、そのくらい遠ければ、どこかその辺で野宿するのですが、
ボツワナでの野宿=ライオン=死を意味します。
(一部、野宿できたところもありますが、原則、ボツワナでの野宿はとても怖いです)

でも、結構楽しい、良い国です。
自転車でリアルサファリを楽しめる国は世界でも少ないですしね。

治安もアフリカの中では非常に良いですし。
危ないのは象とライオンくらいです。
とにかく象を見たい人はボツワナです。

ちなみに、ヨーロッパ人たちのボツワナの遊び方としては、
1か月くらいキャンピングカーを借りてサファリをまわるんですね。
すこぶるお金はかかりますが、かなり優雅で楽しい遊び方です。

また、異国の話、書いてみようと思います。

エルハウスエコ住宅見学会2020年2月

見学会で地域工務店のおしゃれな平屋を

今週末のイベントのご案内です。
2/22,23,24の3連休で見学会を開催します。
場所は諏訪市湖南です。
(完全予約制ですので、詳しい住所はご予約時にお伝えします)

今回は珍しく平屋です。

平屋、昨今、人気がありますよね。
私、福田も妻と平屋を建てようかと作戦会議を練る今日この頃。
シンプルな外観ですし、階段の上り下りがないので楽ですよね。

「地域工務店って値段は安いし、性能もそこそこ良いとは聞くけど、おしゃれな家を作れるの?」
と思っている方いませんか?
はい、作れます。
本当にお洒落な平屋が出来ました。
ぜひ、みなさまお気軽においで下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加