ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ふじもり通信
  4. ふじもり通信 NO.13

ふじもり通信 NO.13


こんにちは、エルハウスのコーディネーターを担当しています藤森です


名 前:藤森 由依
出身地:長野県上水内郡信濃町
趣 味:ウィンタースポーツ、食べる事   


今回ご紹介するのは室内窓について

お家作りで間取りを決める際やリフォーム工事の際に明るく風通しの良い家に住みたい!
とお考えの方も多いと思います。
また、プランニング上でどうしても光を取り入れる事が難しかったり、
風通しが難しい場合に採光や通気の問題も解決してくれて機能的なだけでなく、
オシャレな見た目も特徴な「室内窓」を取り入れる方が増えてきています。


室内窓とは?

室内窓とは、屋内のふたつの部屋の間仕切り壁につける窓のことです。
壁全体を取り払うことなく二つの部屋の空間をつなげる役割を果たします。
家の中の採光や風通しをよくする実用的なタイプから、
最近ではインテリア性の高いタイプまで多種多様です。
インテリアとして取り入れる方も増えてきています

 

「室内窓」のメリット

 

・光を通す

室内窓を取り入れる理由ですが、「暗くなってしまう部屋に光を取り入れたい」
と多くの方からご相談いただきます。
壁で仕切ってしまうと光が届かず暗い部屋になってしまいます。
また、小さい部屋ですと、室内窓を取り入れる事により開放的な空間も確保できます。

・風を通す

室内窓の開閉タイプですと風通しが良くなることは大きなメリットです。
窓のない部屋でも他の窓のある部屋との間に室内窓を設置する事により
空気の流
れができて換気をする事ができます。
風通しを主な目的とするのであれば室内窓の高さを、
壁の高めの部分に設置するとより効果的です。

 

・家族の様子が見れる

室内窓を設置する事によりお家の中の見通しもよくなります。
「キッチンとリビング間に設置する事により家事をしながらお子様の様子が見える安心」と
いった理由で室内窓を取り入れる方も多いです。
室内窓がある事によりいつでも家族の気配を感じられ、安心感も得られます。

 

室内窓の種類は?


内装建材にあたる室内窓には大きく2種類があります。
どのような特徴があるのか、その特徴を活かした使用方法をご紹介します。

  


・開閉タイプ

開閉タイプには開き戸と引き戸、押し出しのものがあります。
どれも通常の建具同様に開け閉めができます。
従来から室内窓として馴染みのある開閉タイプは、
リビングと廊下や子供部屋と階段、最近では寝室と吹き抜けなどで使用される事が多いです。
開閉タイプですので風通しを目的として使用します。


・FIX窓タイプ

FIX窓とは開閉タイプの逆に開かない窓のことをいいます。
FIXとは英語で「固定する」とう意味で、光を取り込むための窓になります。
小窓のような細長いタイプから光を効率よく取り込むためにさまざまな形状のものがあります。
また、形状が異なるものを組み合わせて使うこともできます。


室内窓を採用する際の注意点

・目的を明確にすること
室内窓を採用する際はまず、目的を明確にしましょう。採光や通風しの確保なのか人の気配を感じれるコミュニケーション目的なのか、また、空間のデザインとして取り入れたいのか、しっかり検討してプランニングしましょう。

今回は室内窓についてお伝えしました。お家作りの参考にしてみてください!!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加