ブログ(BLOG)|諏訪・松本の工務店エルハウス

  1. HOME
  2. ブログ
  3. アフターと広報のひろみさん
  4. 初めての【入院・手術】体験記!!信州大学附属病院vol.4 入院2日目_白内障手術

初めての【入院・手術】体験記!!信州大学附属病院vol.4 入院2日目_白内障手術

こんにちは。
アフターと広報の倉田ひろみです。

自他ともに認める健康体の私ですが、
このたび、初めての入院と手術を体験いたしました。

入院は、2泊3日、
眼科「白内障」の手術です。

今回は「白内障手術」について、
ドキドキの報告です。


入院している5階東病棟は、
主に眼科、脳神経外科、麻酔科の患者さんが
入院しているのだそうです。
病棟はとても静かで、
特筆すべきは、看護師さんが優しいこと
初めての入院で、右も左もわからない私。
とても、とても心強かったです。
男性の看護師さんが、思いのほか多く
いろいろ教わったり、
面倒を見ていただく機会がたくさんありました。
お世話になりました。
信州大学附属病院看護部 東5階東病棟

当日 9:00~の最初の手術の私は、
朝7:00~左目に点眼薬が開始され、
そのたびに看護師さんが差しに来てくれました。

予定通り、8:45ころから移動が始まります。
点滴しながら車いすに乗せてもらい、
手術室に到着。
緊張するーーーーーーーーーー!

「手術時間は20分ほどの予定です。
手術は細かい作業ですから、動かないでください。
くしゃみなどが出そうになったら、まず、声に出して
教えてください」

と、忠告を受け、手術台に横たわると
もう、まな板の上のコイ状態です。
左目だけ丸く穴の開いた手術布を顔にかけられ、
左目をぐっと押し開けられ…
動きませんとも!!

左眼球は、麻酔がかかっていますので、
消毒液をかけられても痛くありません。

こんな感じの光だけが見えていましたが、
音は鮮明に聞こえました。

「この音は、水晶体が吸い出されているのか?」
リアルでちょっと怖くもありました😱

動かない…動かない…
全身の力を抜いて、
「今までありがとう、私の左目の水晶体さん、サヨウナラ…」
などと考えていたら、無事に手術は終わりました。

手術布をとるときの、
バリバリッ
が、とても痛かったです💦

片目に眼帯をつけてもらい、
病室に戻りました。
無事に手術は終わりました。

「麻酔が切れたら痛みが出るかもしれません。」
といわれましたが、
その晩も痛みはなく、術後の点眼など忘れないように
静かに過ごしました。

ホット安心しました。
昨晩は眠れませんでしたので、
眠れるお薬をのみ、床に就きました。

明日から1週間は、
ばい菌が入らないように
顔は拭くだけ、
髪は洗わない!!
😱😱😱😱😱😱


エルハウスの最新イベントへ

フォームギャラリーへ

エルハウスのSNSへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

エルハウスは、長野県茅野市、諏訪市、岡谷市、下諏訪町、原村、富士見町、松本市、安曇野市、大町市、塩尻市、辰野町、朝日村、山形村などで、新築の注文住宅とリフォームのご相談を受けている地域密着の工務店です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加