諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 退院後 1ヶ月経過「全荷重へ」

退院後 1ヶ月経過「全荷重へ」

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

退院をしてから ちょうど1ヶ月。 骨折の怪我してから 2ヶ月と2週間が経過しました。
今日から 骨折をした方の脚へ 全荷重の許可が出ました。全荷重とは、片足で立つ、普通に歩行をしても良い、ということです。

早速、リハビリで・・。 ですか、歩けるわけはありません。 私の右足は 前荷重を支えるには
筋力不足と、右足はすっかり身体を支えるという感覚がなくなっているようです。
主治医の先生からも、 骨密度が薄くなっている、 無重力で生活してると同じ状態、
それだけ、複雑の骨折だったていうこと、 って言われました
(帰宅後、骨折のレントゲンを見直し、あらためて 納得、関節近辺の骨が砕けている)

それは、そうだようね、あれから1月29日から 私の右脚は完全に休眠に入ってしまっているのだから・・。

 

リハの先生の方を借りて そーっと立ち上がり 肩から手を離す、 ここまでは可能、というか 7、3の割合の体重なので、
ここから5、5に移行するが、上半身の位置がおかしいらしい、 もっと 真ん中に。と 言われる、 うっ、、
右足にずっしりと荷重を感じる、 骨折の部分ではなく、かかと、と、ひざに痛みを感じる。
5秒くらいしか耐えられない。 骨折部分の痛みではないことから、完全に筋力低下と、筋肉のこう着からきていると言われる

骨折という怪我は、骨折による痛みよ理、リハビリの苦しみって 言っているのがよくわかる

その後、ゆっくり 左足、右足と足踏みをする、 先生の方に手を置かせてもらい ささえてくれているので、何とかできる
って感じですが、痛みが伴う。
でも、この痛みって 右足くんが足の役割を忘れているっていう感じのような痛みなんです、この表現難しい、激痛って感じではないので。

明日から、全荷重のリハに取り組んでいくぞ。

社長 池原純一のプロフィールへ
お客様の声
イベント情報

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ