諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 【茅野市】で理想の家を建てらてた Oさんご家族

【茅野市】で理想の家を建てらてた Oさんご家族

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です。

自由設計「注文住宅」の、自分の好きな雰囲気の家づくりができることが 醍醐味ではないでしょうか。では、注文住宅ではない場合は、複数ある雰囲気のカタログ上の中からイメージに近い家を選ぶ、もしくはセミカスタムした家にする。などではないでしょうか。 おそらく、本当に住みたいというデザインではなく、ある中から選ばなければならない、という意識で妥協されているかもしれないです。

注文住宅を作るまでの道のり

私たちの家づくりは、「注文住宅」です。 限られる予算から、果たして、自分たちの理想「イメージ」の家が建てられるのか?という相談が多く寄せられます。1から10までの希望、理想をお聞きして形にしていくには、お客様と2人三脚で、作りあげる必要があります。 形、間取りを決めるのは、まだ助走程度。
そこを決めてからの 内容を決めていきまで、お客様も私達も、長い時間がかかります。そのような苦労をして出来上がる、決める、変える、決める、この繰り返しにより、理想の家が出来上がっていきます。
コンセントの形、色、照明器具の色、電球の色、ドアのハンドルの形状、色、細かい部分まで、あげればきりがありません。細部にわたり決めますので、できあがったお家は、かなり理想に近づいた家になります。

細部まで決めることができるのも、注文住宅

細部まで決める理由には、お客様のイメージとそこから私達が想像するイメージのギャップを埋めるためです。
私達も、形になって示すことができない 写真や、実例だけで説明しなくてはなりませんので、難しい というところが正直な感想です。もっと、難しく感じているのは、初めての家づくりの、お客様です。当然です。

車や家具など、できあっがた物があり、そこに色だけ変える、部品だけ付け加えるなどであれば想像できるかと思いますが、「注文住宅」では、紙面上で表すことが主ですから、立体がないわけですから、本当に、イメージだけ組み立てるわけですから、出来上がったときが想像できない、事実です。最近、3Dで表現できますが、細部まではできていません。

そのような苦労をかさねて 出来上がった我が家。正直、こうしたかったという部分もあるでしょうが(笑) 大凡、満足、満点を頂いています。

Oさん、以下のようなコンセプトで、家づくりを始めました。

・お二人で旅行にいった先で目にしたアジアンリゾートの家
・家におく、家具は アジアンテイストの家具 と決められていた
・使いいたい照明器具はこれ
・海辺にも似合うような、コバルトブルーのカーテン
・開放的な家、家の奥まで陽射しを取り入れたい
・狭い空間を嫌い大きい家でなくても十分な大きさを感じることができるように吹き抜けリビング
・黒の鉄製のアイアンを使った階段と吹き抜け
・家に帰って落ち着いた気持ちで過ごしたいと、ダークを基調にしたインテリア

できあがったお家、ここに、一軒 しかない。という お気持ちがこめられた
素敵なお家でしす。 「家を建ててから、寄り道せずにまっすぐに帰ってくるよ」と ご主人のお言葉が印象的でした。
これからも、お家とともに、お守りします。

副社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加