諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 成果とは家を建てるということだけではない、出逢いから学ぶことも成果です

成果とは家を建てるということだけではない、出逢いから学ぶことも成果です

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

家づくりをきっかけで、様々な方と出会うことができるのも、この仕事をしていて楽しい、経験になる部分です。
私たちのところに、声をかけていただいた方、来店いただいた方、全ての方が私たちと一緒に家づくりをするとは限りませんが、物を売っているようなサービス業ではあり得ない、ご家族、ご夫婦のことから始まり、人生感や将来設計までのお話をお聞きします。

先日、東京で事業を営む経営者の方から、社員の福利厚生施設と、移住のためのご自宅の相談を受けました、すでに1ヶ月前に土地を購入されたとのことです。 地元の工務店を探すのに私たちのホームページ、YouTubeをご覧になり気になったということ尋ねて来てくださいました。ですが
今回、諸事情により家づくり 移住の計画を見直すので・・という一通のメールをいただきました。

このような、温かいお言葉をかけていただけるように、ますます、精進します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家の方ですが池原さんの人柄がとても好きで一緒にやりたい気持ちが大きく、悩みました。
しかし妻と言い合いをしたり沢山話し込みましたが、今回はお断りさせて頂こうと思いました。申し訳ございません。
理由としましてゲストハウスだけでも良かったのですが自宅がメインであり自宅を最優先に考えてくとしてまだ考えていかないといけないなど(ゲストハウスと自宅の2棟でなく大きい1棟を作るだったり、ゲストハウスより先に自宅を作るだったり、そもそも辞めてしまうなどまで話し合っています。)正直、まだ結論が出ていない状況です。子供も今年で小学校1年生になり、入試で私立の小学校に入ることもあったりと家だけでなく家族などの問題など色々とです。
正直にお話をしますが、半信半疑でしたがお話しを聞いているうちに池原さんのファンになりました。奥さんにもそのことを話し奥さんも合って見てみたいと伺いました。直接お会いして私も奥さんも池原さんなら間違いない、信頼が出来ると確信しました。そこで相当に悩みました。しかし今回はすみません。
もしまた機会がありましたら必ず池原さんに声をかけたいと思っています。本音です。
東京の自宅を作った際には、ハウスメーカーは別で進めていましたが、ある方に合ってからその方のハウスメーカーを変更しました。今もその方とは、お付き合いがあり、今回の蓼科もやりたいと現地まで来てくれましたがその会社は長野に弱く、初期の頃からお断りしていました。
やはりメーカー、工務店の方針や企画なども大事ですが一番は人だと思います。
もしかしたら私達のプランが180℃変わるかもしれませんし、何年後かにお願いするかもしれませんし、知人紹介など出来たらと思います。
直接お話し出来たら良かったのですが、メールで失礼いたします。
長々とすみません。
今後も何かしらの形でお願い出来たらと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一期一会 出会いを大切にしていきます。

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加