諏訪・松本の工務店の社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 現場でのトラブルは現場監督 の行動力から

現場でのトラブルは現場監督 の行動力から

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

建築現場で問題、トラブルが全く起きない と言ったら嘘になるでしょう。建築関連以外でもサーブス業、製造業であれ、予期せぬ事態と隣り合わせだと思います。その事態に何ら対策を講じていなければ 起きて当然であり、それは怠慢としか言えないです

とある現場で、用水路に隣接している敷地に土留コンクリート擁壁を施工しているのですが、埋設部分を掘り下げて
行くとどやら、用水路そこ面から水が流れ出してきてしまい、床掘という溝を掘るのですが、そこには当然ながら
水が流れ込んで来ています。用水路の数カ所か水が流れ出てきている様子から、流れ出てくる箇所に土嚢を置き
なるべく流水を防ぐように処置をしていますが、完全に止まることはなく、水中ポンプを設置し、水を組み上げての
作業を進めていたらしいのですが、

昼間に隣接地の方から、水かさが増してきている、うちに流れ込みそうだから何とかしてほしい、このまま工事を
進めるのか?と、少々、感情的になった言動の連絡を受けました。

昨日の工事の段階では、水中ポンプの設置から水が増すことは考えられない・・たまたま、本社にいた監督の奥寺さんも困惑した様子から、即、状況の写真を見せてもらい、対策案を協議しました。
一旦、水出てくる高さまで埋め戻そう。 とにかく水をとめる。 当然、掘ったところを埋めるという行為は、
工事の中断を意味しますので、本意ではないのですが、緊急を要するため仕方ないことです。

優先するのは、工事の進行ではなく隣接地の方へ迷惑、心配をかけないことです。

監督の奥寺さん、打ち合わせを途中で切り上げ 緊急事態、現場へ指示に対応の指示に向かいました。
その後の連絡から、 原因は 水中ポンプが目詰まりをお越して機能をしていなかったこと。一晩中、水中ポンプが作動していないなら、当然ながら掘り進めた、溝にはどんどん水が溜まるだけ。 水の逃げ場はなく やがて溢れ出すだけ。 隣接地の方が心配するのは当たり前ですね。

即、行動をし早期の対応、原因究明に動いた 監督の奥寺さんの行動は頼もしい 姿でした。「すばらいし」
起きてしまったことは、仕方ないこともあり、対策不足のところもあったかもしれない、ですが、考えて悩んでいも解決はしない。即、行動に移す この姿勢が現場監督には求まれる姿ですね。

私も、監督時代、 現場でコンクリート打ち込んでいる時に、地下水を通じて近所の池にコンクリートが流れこみ、その池で飼われていた鯉をの救出のために 真冬の池に入り込んで、ことなきえた経験を思い出しました

 

 

松本市小屋北地区完成見学会

松本市小屋北地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会|人生100年時代に伝えたい、今も5年後も30年後の生活も考え抜いた完全自由設計の家を公開

■場所:長野県松本市小屋北地区
■日時:2021年5月8日(土)~16日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※直接現場での参加か、一対一のWEB見学会か、お選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

 

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加