諏訪・松本の工務店の副社長ブログ|家族物語843

  1. HOME
  2. 諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ
  3. 週末は「諏訪市」で完成見学会  エコ住宅の開発秘話 その1
インスタグラムストーリー完成見学会

週末は「諏訪市」で完成見学会  エコ住宅の開発秘話 その1

諏訪地域、松本地域、伊那地域の工務店の池原です

今週末、20、21日 そして 来週末、27、28日に 諏訪市で行われる 完成見学会は特別なお家を紹介します。
エコ住宅仕様 エアコン1台で暖かい 家を 体感できるからです。見るだけでは解らない、感じないと実感しないというわけです。

今から 5年ほど前になりますが、創業者 平から これからは、「ランニングコストを意識した家を作らねばならない」 というコンセプトを挙げ 私と平で どういう家が ランニングコストを節約できるのか、ということを研究しはじめました。 エコ住宅、エコハウスといった書籍を読みあさり、パッシブハウス系のセミナーに通い、
実際のパッシブハウスの見学にいき吸収できることは、あらゆることを学びました。

家をデザインより、まずは、断熱は何を使うのがいいのか?有効的なのかということで考え始めました。

当時も流行り出していた現場発泡ウレタンを採用しようと考えていましたが、壁の厚み105mmに対して、どこの吹き付けをする施工会社に聞いても
75mmと 壁厚に対して空間が残っています。これは、75mmでも十分な断熱性能があるという理由ですが、
空間ができることで 壁内結露を起こすのでは?と思い、 105mm厚で吹き付け出来なのか?と模索した結果
可能ですがその場合は、120m m 厚みで吹き付け、硬化後に余分の厚みを削り取るしかないとわかり、削った分の
コストアップはもちろんですが、発泡ウレタンの表面を削ってしまうと防湿性が低下し水分を吸収してしまう原因ということを知り、これは採用できないと判断。

次に検討したのが、硬質ウレタンフォーム これは、筋交がある在来工法には切り欠きなどの細かい作業が発生することと、柱間にピッタリとはめ込む技術が必要なため施工精度にムラが起きるかの可能性からNG。

次にセルロースファイバーを検討、古紙の再生の材料からかなり魅力なこと、防音効果が期待できることありましたが、セルロースファイバーには、欠点があることがわかりました。 壁厚つ目一杯 しかもパンパンに膨らむほど入れ込む必要があり この詰め込みが甘いと後に垂れ下がってしまい断熱欠損の原因に。これを防止しようとしパンパンに入れ込むとで 内壁の石膏ボードを貼るのに膨れ上がりあり施工しずらい、もしくは 膨れを抑え込むために
石膏ボードを貼る前の段階で 木を打ちつける必要がある。施工効率が良くないとう判断でNG

結界、ポピュラーではありますが、また、当社で過去にも実績のある、断熱施工専門者による グラスウールを採用することに。上記に挙げた懸念事項がすべて無くすことができるのが グラスウールでした。このグラスウールを
専門業社さんならではのきめ細かい作業性を採用することで、気密性はもちろん断熱の欠損する箇所をゼロにする効果があり、また、グラスウール材料事態の密度を濃い材質を選択することで断熱性能があがります。

まだ、これ以外にエコ住宅の開発の秘話はあります、次回ご紹介をしていきます。

ぜひ、エコ住宅を体感しにきていらしてください。ご予約は以下からどうぞ

無料セカンドオピニオンを申し込む

電話で問い合わせる

メールで問い合わせる

 

 

諏訪市リアルWEB完成見学会

諏訪市湖岸通り地区|リアルORオンライン(WEB)完成予約見学会|今こそ「高性能・納得価格」の家を!エアコンたった1台で家中を快適にできる家を公開

■場所:長野県諏訪市湖岸通り地区
■日時:2021年2月20日(土)21日(日)27日(土)28日(日)
■時間:午前10:00~午後16:00(雨天決行)
※直接現場での参加か、一対一のWEB見学会か、お選び頂けます。

ネットで席を確保する

電話で席を確保する
フリーダイヤル0120-71-2415 ご住所・お名前・電話番号をお伝えください

 

 

 

社長 池原純一のプロフィールへ

関連諏訪・松本の工務店|池原純一ブログ

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加