ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 家を建てる時の打ち合わせについて|打ち合わせには3種類ある

家を建てる時の打ち合わせについて|打ち合わせには3種類ある

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

家を建てるときに、効率的に効果的に進めるには、どのようにしたらいいですかと言う質問をいただきます。
インターネット時代に、スマホ活用することで、今はとても効果的に効率的に家づくりの打ち合わせをすることができるようになりました。

特に、2020年前半は、コロナさんにより、家づくりのやり方が大きく変わっています。
好きな時間に、好きなことを、効率的に勉強できる世の中になってきました。

そこで今回は、家を建てるときの打ち合わせについて、3種類の打ち合わせ方法をご紹介します。

家を建てる時の打ち合わせについて|打ち合わせには3種類ある

家を建てるときの打ち合わせについては、今は、3種類あります。1つ目は、これまでもあった対面での打ち合わせ。
2つ目が、ここ2 3年で急激に増えてきた、インターネットでの打ち合わせ。
そして3つ目が、各住宅会社が力を入れている、個別学習としての打ち合わせになります。

多くの方が、家づくりの打ち合わせと言うと、実際に住宅展示場や完成見学会に行くことばかりを考えますが、それは対面での打ち合わせと言う家づくりの打ち合わせの1つの種類にしか過ぎません。

対面での打ち合わせ、インターネットを使っての打ち合わせ、個別学習での打ち合わせ。
それぞれについて説明していきます。

対面でのうちあわせ

まず基本となるのは、今までのように対面での打ち合わせです。
対面で打ち合わせするメリットは、実際に住宅会社の担当者の人とお会いすることができること。
対面することで、誠実に対応してくれるのかを、確認することができるます。

対面での打ち合わせには、大きく分けると2つあります。
1つは住宅展示場や完成見学会での打ち合わせ。
もう一つは、個別面談個別での打ち合わせになります。

住宅展示場や現場見学会での打ち合わせ

住宅展示場や現場見学会の打ち合わせでは、住宅会社が提供する実際の建築物の見学が主な目的になります。
住宅は、建て売り住宅を除き、実際に建築お願いする会社を決めてから、建物を建築することになります。
そのために、実際に家づくりをした後の実物を見てから、住宅会社を決めることができません。

そのために、住宅展示場や現場見学会を使うことで、実際の住宅会社の作る建築物の雰囲気や、間取りのイメージなどを現場を見ることで確認することができます。

個別面談や相談での打ち合わせ

個別面談や個別相談での打ち合わせでは、住宅会社が提供する知恵や工夫を教えてもらったり、考えている疑問や相談を見つけることによって、任せられる住宅会社なのか、担当の方なのかを見定めることが目的になります。

家づくりは、住宅が実際に完成しお引き渡しをした後がスタートといいます。
実際には、1年点検2年点検からスタートし、その住宅に住んでいる限り一生涯お付き合いするのが住宅会社です。
またその住宅会社の担当の方とは、一生涯のお付き合いになることも少なくありません。
そこで個別面談や個別相談の機会に、相性やその担当者の方の誠実性などを確認することが重要です。

ネットでの打ち合わせ

基本となる、対面での打ち合わせをより効果的に効率よく進めていくために、力になるのがネットでの打ち合わせです。
ネットでの打ち合わせは、メールでのやりとりや、LINE等でのやりとりが主になります。
家づくりについては、仕事をしながら週末の土曜日や日曜日などの時間を使いながら進めていくことになります。
そこで対面で打ち合わせするときの時間をより効率よくしていくために、ネットでの打ち合わせも重要になってきます。

メールをしたときの返事が早いかどうか。
メールで聞きたいことを聞いたときに、すぐに返答が来るかどうか。
スピード感が合うかどうか。

そのようなネットでの担当者とのやり取りで、相性などを確認しながら、より良い担当者を選ぶことが重要です。
メールでのやりとりの他にもネットを使った打ち合わせには、オンライン勉強会、オンライン見学会、オンライン個別相談等があります。

オンライン勉強会

オンライン勉強会については、テレビ電話やZOOMなどを使いながら、テーマを決めて勉強していきます。
例えば、ある日は住宅会社の構造についての勉強会。
例えば、ある日は、住宅ローンやお金に関する勉強会。
例えば、ある日は、間取りについての勉強会。

このように、テーマを決めて、勉強会は行われます。
興味のある勉強会に参加してみることから始めることが可能です。

オンライン完成見学会

オンライン見学会については、テレビ電話やZOOMなどを使いながら、実際の家を説明する形で行われます。
実際の家は、その都度変わりますので、間取りや水回りの配置、部屋の大きさ、暖房器具の確認など。
実際の現場の状況に応じて、様々なことを学ぶことができます。

オンライン個別相談

オンライン個別相談については、テレビ電話やZOOMを使いながら、一対一の個別の相談会になります。
初対面では難しいかもしれませんが、2回目3回目の打ち合わせでは、移動時間を削減するために、オンライン個別相談を利用される方も多くなっています。

また、今は移住をされる方の打ち合わせなども、東京と長野、関西と長野など、オンライン個別相談が活用されています。

個別学習としての打ち合わせ

家づくりをされる方は、現在対面の打ち合わせを活用しながら、対面の打ち合わせをより効率的に活かすために、オンラインでの打ち合わせを行います。

そして、対面とオンラインでの打ち合わせを、さらに活かすために、家づくりの勉強のために使うのが、個別学習としての打ち合わせです。
個別学習としての打ち合わせでは、ホームページとブログから学ぶ学習とYouTubeで動画を学ぶ学習があります。

ホームページとブログで学ぶ

多くの住宅会社が、現在はホームページ上で、家づくりに役立つコンテンツをたくさん出すようになりました。
担当者がブログでお役立ち情報を書いたり、住宅だけのコンテンツだけではなく、人生をよりよく生きていくために必要な知恵や工夫を、ホームページ上でアップしています。

家づくりは、一生に1度あるかないかの経験になります。
多くの人にとっては最初の体験が最後の体験です。
そこで、より経験のある住宅会社の担当者の知恵や工夫をアウトプットしたコンテンツは、どれも役にたつことが多いです。

YouTubeで学ぶ

多くの住宅会社が、現在はYouTube上で、家づくりに役立つコンテンツをたくさん出すようになりました。
動画はなんといっても、短い時間で、多くの役立ち情報を吸収することができる手段になりました。

ホームページやブログで記事を読むことでも学びになります。
また、貴重な休みの時間に、何かをしながらYouTubeの動画の音声だけを聞いているだけでも、家づくりの学びになると言う人は多いです。
最近は多くの動画が家づくりの個別学習の教材として活用されています。

最後に

家を建てるときの打ち合わせと言うと、今までは住宅展示場に行ったり完成見学会に行ったりする、対面での打ち合わせが主なものでした。
しかし、住宅会社の多くが、インターネットでの打ち合わせや、家づくりの個別学習に必要な動画コンテンツを、YouTube上にアップするようになりました。

貴重な時間を費やして家づくりは行われます。
後悔のない間違いのない、かつ効果的な時間の活用のできる3つの打ち合わを、実現していきましょう。
何かありましたら、どうぞご遠慮なくご相談ください。

 

移住について詳しくみてみる

TOPページへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

望む人生を手に入れよう|書籍無料プレゼント

WEB見学会に参加する

WEBセミナーに参加する

ZOOMの使い方を見る

友だち追加

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加