ブログ|諏訪・松本フロー父さん

望む人生を手に入れよう!

  1. HOME
  2. 諏訪・松本|望む人生を手に入れよう
  3. 間取りを左右する階段の位置とは?|断熱方法にも影響

間取りを左右する階段の位置とは?|断熱方法にも影響

こんにちは。
望む人生を手に入れよう。諏訪・松本フロー父さんです。

新築で注文住宅を検討する時、間取りの作成はすごく重要です。
間取りを自由に設計する事は、新築で注文住宅を検討する醍醐味の一つです。

間取りを左右する階段の位置とは?|断熱方法にも影響

しかし、間取りを考える上で、階段の位置を細かく考慮する人は少ないです。
階段の位置がどこにあるかによって、また、階段の形状がどのようなものかによって、間取りが大きく異なるのです。

また、階段によって、断熱方法も大きく影響してきます。
諏訪地域、松本地域の寒い場所では、階段の位置と形状が、大きく間取りに影響し、断熱に影響します。
つまりは、住宅の快適性に大きく影響してきます。

で今回は間取り作成における階段について言語化していきたいと思います。

間取り作成における階段の位置について

間取りと階段の関係において、一番重要なのは階段の位置についてです。
ここでは外壁に面した場所に階段を作るケースと、家の真ん中に階段を作るケースについて話をしていきます。

北側に配置する

間取り作成において、よくあるパターンが、外壁に面した場所に階段を作るケースです。
特に北側に階段を作るケースが多く見られます。
北側に階段を作るメリットは、南側に部屋を持ってこられることです。
南側に部屋を取りたいために、階段はどうしても北側に配置してしまうと言う考え方の方が、正しいかもしれません。

家の真ん中に配置する

しかし、断熱性能の向上や、間取りの進化により、家の真ん中に階段を配置するケースが増えてきました。
リビング階段と言われるものです。
リビングから廊下に出ることなく、2階に上ることが出来るような間取りになります。
間取りの進化、断熱材の進化、窓の進化により、1階リビングの暖かい空気が2回に上がっていかない住宅を実現できるようになりました。

諏訪地域、松本地域でも、リビング階段をエアコン1台で家中あっためることができる。
そのような進化した家も出てきました。

間取り作成における階段の形状について

間取り作成において、階段の形状も大きく影響してきます。
階段の形状については、大きく2つのパターン。
直線的な階段。Uの字の階段が挙げられます。

直線の階段

直線的な階段は、階段の面積を少なくすることができます。
また、上下階の風の流れ道を作ることができます。
しかし、デメリットとすると転倒した場合に、落下する距離が長くなると言う危険性があります。

Uの字の階段

一方、游の字の階段は、階段の面積は多くなりますが、転倒したときの落下防止などが、期待されます。
また、会談した収納等をうまく使うことができれば、面積を無駄にすることもありません。

最後に

間取りにおいて、階段の配置は非常に重要です。
階段の位置と、階段の形状によって、間取りが大きく変わってきます。

新築の注文住宅では、階段の配置がとても重要になります。
ぜひ、お気軽にご相談下さい。

 

TOPページへ

★ 住まい造りは望む人生を手に入れる手段です。望む人生を手に入れられないとしたら、住まいづくりが成功したとしても、意味がないと私たちは考えます。人生は家づくりだけで考えないで下さい。私たちと共に望む人生を手に入れましょう。この記事があなたが望む人生を手に入れるお役に立てれば幸いです。

望む人生を手に入れよう|書籍無料プレゼント

WEB見学会に参加する

WEBセミナーに参加する

ZOOMの使い方を見る

友だち追加

関連諏訪・松本|望む人生を手に入れよう

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加