ブログ|諏訪・松本の現場監督が教える家づくりの楽しさ

  1. HOME
  2. 現場監督|奥寺立佳
  3. 家を支える大事な基礎

家を支える大事な基礎

エルハウス 工務の奥寺です!

本日、塩尻市で基礎進行中の現場にて
土間コンクリートの打ち込みが行われました。

基礎は、家を支える大切な役割です。
材質は、コンクリートです。

コンクリートは打ち込まれた瞬間は、
こんな感じなんでドロドロなんです!(^^)!


このドロドロの状態が固まると、普段目にする形になるんです。
コンクリートは一度固まると水などでは溶けたりしません。
固まれば固まるほど強い強度を発揮します。

そして、このコンクリートの中には鉄筋が入っています。

鉄筋は、コンクリートを打ち込んでしまうと
全く見えなくなってしまいます。

そして、鉄筋施工後、コンクリートを打ち込む前に必ず行われているのが
瑕疵担保責任による配筋検査です。

全ての現場でこの配筋検査に適合したうえで、
コンクリートを打ち込まなければなければなりません。

鉄筋の施工不足が、基礎の強度に響いてきてしまいますので、
配筋検査がとても重要なんです。
どうせ、鉄筋は見えなくなるからといって手を抜くなんでもってのほかです。

今回の現場も鉄筋屋さんが手を抜くことなく施工してくれたので、
検査も問題なく、無事にコンクリートの打ち込みを迎えることができるんです。

コンクリート打ち込みの瞬間は、毎回ドキドキ、ワクワクしますね( ^)o(^ )

エルハウスに相談をする

現場監督 奥寺立佳のプロフィールへ

関連現場監督|奥寺立佳

記事一覧

LINE@ チームエルハウス

LINEからお気軽にお問合せください。
お友達追加はこちらから     友だち追加